記事

選挙における選択

日経の記事によれば、今度の参議院選、自民党が大勝する傾向になってきているようだ。周囲の政治にあまり関心のない方々に聞いてみても、候補者選びのやり方に「どうなの?」と感じてる方がかなり多い。話題のれいわ新撰組もコアな野党支持層が声を上げるネットほどには普通の有権者には浸透していない。結果が出るのはちょっと先だが、どうなっていくのか。結果論としていうのは嫌なので、あらかじめ申し上げるが、やはり人気取りなどかなぐり捨てた、既得権益Freeの、与党や行政に真正面から立ち向かう政治勢力が立ち上がる必要があるのだろう。

 さて、先の記事中の最後に、重要な記述があった。参議院は、改憲勢力が3分の2となるかどうか微妙なところ、その帰趨は一人の議員にかかってくる可能性もある。そして、無所属の平山議員が「改憲を否定しない姿勢を示し」たため改憲勢力が3分の2を占めるハードルが「86」から「85」に下がったという。

議員は、旧民主党の議員で先の参議院選挙で静岡選挙区で当選された方。その後、希望の党との分裂騒ぎなどの間に離党された。平山議員の動きは、ご自身の政治信条に基づくものであり、特にあれだけの混乱があったのだからある意味自然なもの。それを否定するものでも非難するものでもない。

  ただ、思い起こされるのは、先の参議院選挙の際、平山氏を応援する市民グループの方々と交わした言葉の記憶だ。私が、リーフレットを読むと、憲法9条を守ることについて曖昧にしてますよ、と憲法を守ることに強い関心を持って平山氏を強く支援していた市民グループの方に申し上げたが、そのことは無視された。結局、今回、市民グループの支援は真逆の結果を産んでしまったわけだ。

今の政治のあり方はそこに問題がある。政党は、票が取れそうかどうかだけで候補者を選ぶ傾向が強い。支援する側もただ野党だから、〇〇党だからで選ぶだけ。

山本太郎氏だって自民党から誘われれば断らない、その条件は減税とポストにあるだけ、と言っていることも覚えて置かなければならない。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  2. 2

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  5. 5

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  6. 6

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  7. 7

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  8. 8

    「大人の対応」が通用しない韓国

    笹川陽平

  9. 9

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。