記事

ホストクラブの今 事件が多発、パパ活で通う病んだ女性客も

多くのホストクラブが集まる歌舞伎町

ガールズバーではよくコスプレを披露していたという高岡由佳容疑者(本人のInstagramより)

 美しい男たちによる接客とシャンパン、飛び交う札束…きらびやかなホストクラブの世界はいつの時代も世間の注目の的だ。年間売り上げ1億6千万円を叩き出すローランド(26才)のようなスターホストが脚光を浴びる一方で、今年5月、ホストクラブの女性客がホストを刃物で刺す凄惨な事件が発生した。ホストクラブで今、何が起きているのか。ホストクラブ関係者の証言などから、歌舞伎町の今に迫った――。

「ここ10年でホストクラブをとりまく世界は随分変わりました。とくに最近多いのは、若い女の子が店に通いつめた果てに何らかの理由で心を病み、新宿のビルから飛び降りるケースです」

 そう語るのは、新宿区歌舞伎町で人気ホストクラブ『RUNWAY』のプロデューサーを務める十条渉(じゅうじょう・わたる)さん。

 実際、2018年10月には歌舞伎町のビルから20代の女性が飛び降り自殺をしたことを皮切りに、約100m圏内で1か月もしないうちに、未遂も含めて合計7人も自殺を図ったことを複数のメディアが報じたが、その連鎖は依然として続いているという。渉さんは、背景に女の子の“病み”を肯定するホストたちの姿があると指摘する。

「”インスタ映え”全盛の中、”キラキラした私”を見せ合う世界に参加できず、”病む”方向に走り、ホストに“弱さへの共感”を求める子がいるんです。”弱くて病んでいる私”を認めて欲しいと思っている。それが自殺を図るという行動につながることもあるのでしょう。一方でそんな“病んでいる”女の子たちに過剰に共感することで指名を得ようとするホストがいるのも事実です」

◇多発する「ホスト」と「客」の“事件”

 記者が取材した中には、「好きなタイプはメンヘラ・病んでる女の子です」とプロフィールに書いているホストもいた。こうした過度な“共感”が生むのは自殺者だけではない。

「好きで好きで仕方なく刺した」――5月23日、東京・新宿区のマンションで、同棲していた男性(20)の腹部を刃物で刺し重症を負わせたとして、元ガールズバー店長・高岡由佳容疑者(21)が殺人未遂容疑で逮捕された。あまりにもあけすけな供述に加え、ぐったりと横たわる被害者のそばで、両足を血に染めた高岡容疑者が平然とたばこをくゆらす、事件直後のショッキングな写真がSNSで拡散されたことで大きな話題を呼んだこの二人の関係もまた、「ホスト」と「客」だった。

 歌舞伎町の現役ホストたちは、事件をどう見たのか。

「男性が被害者であるのはもちろんですが」と前置きをしながらも「刺されるようではホストとしては一流とはいえない」と語るのは、歌舞伎町『GRAN』代表・楓流依(かえで・るい)さん。流依さんは、1か月で321本の指名を獲得したという”伝説のホスト”だ。流依さんが続ける。

「女の子の求める共感や承認欲求を受け入れ、肯定することで、ホストがお客さんを得ることは簡単です。でもそれだけでは、単なる『共依存』の関係。ホストとしては不完全です」

 前出の渉さんも「ダークサイドに落ちてしまいそうな子はきちんと引き上げてあげるのがホストの仕事」と、声を揃える。

 しかし、似たような客とホスト間のトラブルは多発しているのが現状だという。別の店のスタッフが明かす。

「近いことはざらにあるのですが、明るみに出ず、事件化することはほとんどありません。この前もある人気ホストが、お客さんと揉めた末に今回のように包丁で刺され、相当な大怪我をしたのですが、被害届は出さなかった。理由を聞いたら『女の子が罪悪感で、もっと太い客になって戻ってくるから』というんです…」

◇女性の弱みにつけこむ“心が弱いホスト”が増えた

 トラブルが多発する理由の一つを、歌舞伎町に集まってくるホストたちに「向上心」がなくなったことだと渉さんは分析する。

「10年前まで、歌舞伎町は”伝説が作れる街”でした。自分も“売り上げでも、指名数でも先輩を抜いて、俺が歴史を塗り替えるんや!”と本気で思っていたし、周りも同じようにぎらぎらした野心を持ったホストが多かった。だけど今はホストも格差社会。売れている人は、10年間変わらず売れ続けているのですが、そうでないと鳴かず飛ばずのまま。『根性』や『野心』を武器に女性を魅了するようなホストが減り、女性の弱みに付け込むような、心が弱いホストが増えた気がします」 

   野心や向上心を持った“昔ながら”のホストが減った代わりに、多種多様な個性を持つホストが増えている。現在、歌舞伎町には200店舗以上のホストクラブがあり、5000人以上のホストが働いている。紹介サイトをのぞいてみると、各店舗ごとに、イケメンだけではなく、お笑い系、スポーツ系、かわいい系、中には「なぜこのルックスで!?」というようなホストなど、多彩なメンツが顔を並べる。

「まず美しさやセクシーさが重視されるキャバクラの女の子とは違い、ホストは必ずしもイケメンである必要がない。芸人のような雰囲気の面白いホストに笑わされたい女性もいるし、今風のイケメンよりも素朴な外見のホストに癒やされるという女性もいる。どんなホストでも気に入ってくれるお客さんが見つかる可能性がある歌舞伎町は、いまや街全体が”マッチングアプリ”のようになっているのです」(渉さん)

◇変化する客層。SNSの影響でホストが身近な存在に

 変化したのはホストだけではない。客層もがらりと変わった。

「昔は事業で成功した実業家の女性など”何か持っている”人が多かったのですが、今は普通の子が多い。同時に低年齢化もしていて、20代のお客さんも少なくありません」(流依さん)

   確かに、深夜の歌舞伎町を歩いてみると、ホストクラブやバーが建ち並ぶ通称“ホスト通り”と呼ばれるエリアにはOL風や女子大生風の若い女性の姿が目立った。彼女たちはなぜ、ホストクラブに通うのか。

「ホストたちがツイッターやYouTubeなどで、自分のキャラクターを発信するようになったことが大きい。SNSの普及によって、これまではある意味“別世界の住人”だったホストが若い女性たちにとって身近な存在となったのでしょう。有名なYouTuberに会いに行くというくらいの感覚で、格段に敷居は低くなっています」(渉さん)

◇“ギャラ飲み”で資金を調達する“普通の女の子”たち

 気になるのは、”普通の女の子”であるはずの彼女たちがホスト遊びのための高額な資金をどこで調達しているのかということ。

 歌舞伎町のホストクラブに通いつめて10年になるというある女性客は「ギャラ飲みです」と語る。

「1時間1万円などの”ギャラ”をもらい、社長などお金持ちの男の人たちとお酒を飲むこと。いわゆる“パパ活”です。かって流行った援助交際とは違い、女の子たちはただ飲むだけ。体の関係は一切ありません。モデルやレースクイーンなど芸能人よりも、有名大学に通う、若くて少し綺麗な一般人の子のほうが人気で、より多く稼げるんです」

“ギャラ飲み女子”は報酬のほかにも、高級ブランドのアクセサリーや鞄をもらったり、無料で高級レストランや海外旅行に同行したりするなど、破格の待遇をうけるという。

「だから、衣食住やレジャーにもお金がかからなくなって、もらったギャラは手元に残ります。贅沢を知ってしまうと、同年代の男の子たちと遊んでも物足りず全然楽しくない。だから、格段にかっこよかったり楽しませてくれたりするホストたちがいるホストクラブに行くようになる」(前出・女性客)

 しかし、”ギャラ飲み女子”にも卒業のときが訪れる。

「ほとんどの女の子は数年たっただけで次第に誘いがかからなくなり、自然と“卒業”のときを迎えます。だけど、贅沢な生活やホスト通いの楽しさが忘れられない子は、なんとかしてとどまろうとするんです」(同前)

 その方法のひとつが整形だという。若い女性の整形事情に詳しい銀座アテナクリニック院長の定村浩司さんによると「若くてきれいで、“治すところ”が見つからないような女性が増えた」という。

「彼女たちは“私の顔がいけないんじゃないか。もっと可愛ければ、前みたいに稼げるんじゃないか”といって整形を繰り返そうとします。プロの水商売の人たちのような営業努力をせず、大金を手に入れてしまったゆえに、いざ声がかからなくなると理由を自分の内面ではなく、ある意味手っ取り早く変えることができる外見に求めるようです」

 若さに”課金”し、得たお金でホストクラブに通う。お金がなくなれば、またそれを繰り返していく。いつか病んでゆくのは必然かもしれない。しかし渉さんは「病んでいく女の子たちを救うのも、またホストの仕事ではないか」という。

「ホストの仕事は、何かを与えること。“この人に会いに来るために、もっと頑張りたい”とか“輝きたい”とか、本来ホストクラブは、女の子たちにプラス・アルファの生きがいを与える場所なのだと思うのですが…」

 ホストがいて彼らを求める女性がいる限り歌舞伎町のネオンが消えることはない――。

取材・文/宇都宮直子

あわせて読みたい

「ホスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  4. 4

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。