記事

フジテレビ遠藤龍之介新社長「横歩取り戦法で経営します」

1/2

「新たなフジテレビのキャッチフレーズは、『おもしろいことのいちばんそばにいる』という意味の言葉にしようと思っています」

 こう話すのは、6月26日にフジテレビジョンの新社長兼COOに就任した、遠藤龍之介氏(63)だ。

「おもしろいというのは、『心が動く』という広範囲な意味。そういうコンテンツを発信していくには、作り手自身がおもしろいもののそばに居続けないといけない。

 もっと言えば、作り手自身が『あの人、おもしろいね』とまわりから言われないと、おもしろいものが寄ってこないと思うんですよ」

 同社が下降する業績、評判に苦しんできて久しい。だが、2018年3月期から売り上げは回復しつつある。

「この2年、営業利益面でも増益です。『月9』という、うちの看板ドラマ枠が、4クール連続視聴率10%超えと復活の兆しを見せ、情報番組では『めざましテレビ』が横並び1位を奪還するなど、去年の後半ぐらいから徐々にではありますが、視聴率が上げ潮ムードになってきました。

 いい時期にバトンを渡していただき、非常に幸せだなと思っています。

 あとは、ゴールデンタイムのバラエティで、ヒット番組を増やしていくこと。バラエティのメリットは視聴習慣がつくことですから、そうなると、もっと様子が変わってくると思います」

 じつは、遠藤社長の趣味は将棋。日本将棋連盟の非常勤理事でもある。その腕前は「奨励会なら初段ぐらい。アマなら五段か六段」と語るほどの実力者だ。「角落ち」とはいえ、あの佐藤康光九段に勝利したことも。

 ご自身を駒にたとえると? と聞くと「金」と即答した。

「銀は攻めの駒ですが、金は守りの駒なんです。金で守りを固めて、じっくりと万全の態勢にしてから、仕掛けていく。私の仕事ぶりではなくて、キャラクター的に金ですね。

 私は居飛車党で、得意な囲いは矢倉です。私の最初の師匠は、加藤一二三先生。いま、人気のひふみんです(笑)。加藤先生が矢倉のオーソリティでしたから」

 性格的には「守りの金」と答えた遠藤社長だが、経営となると異なるようだ。

「我が社をどんな駒組、戦法で経営していくかですか? そうですね……。テレビを取り巻く環境は、ものすごく変化が速くなってきていて、それに対応していかないと、まずいという状況です。

 将棋には『急戦』と『持久戦』というものがあります。急戦のなかでも、一手の価値がものすごく高くて、スピード感がある勝負は、『横歩取り』という戦法です。これからは、スピードのある変化に対応しないといけませんから、横歩取りのようにやっていかなくては、という感じですね。

 うちの会社には、本当に優秀な飛車も角もいます。これから、そういう才能を最大限に生かせる環境を作って、勝つ将棋を指していきたいです」

 横歩取り戦法は、大駒交換がなされるなど、激しい戦いになる可能性も高いが、培ってきた「勝負勘」で乗り切っていくことだろう。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。