記事

出世の階段を登る安住に、フリーアナの頂点を極めた羽鳥……男性アナ四天王がついに決定! 結果発表「好きなアナ」「嫌いなアナ」アンケート《好きな男性アナ》部門 - 「週刊文春」編集部

1/2

元フジテレビ、元NHK……嫌われ上位を独占したのはフリーアナ! から続く

【ランキング】好きな男性アナ1位~4位

 文春恒例の「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」アンケートですが、男性アナウンサー部門は今年で3回目。女性アナに比べ、フリーとして活動する人は少ない男性アナですが、老若問わず各局の“真の実力派”が票を集めました。

 本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。回答総数は3100超に上りました。男性が53%、女性が47%という構成でした。

 結果はどうなったのでしょうか。まずは「好きな男性アナ」部門(18位~14位)です。

 18位には個性豊かな3人が同率でランクインしました。今年6月に第3子が生まれた日本テレビの辻岡義堂に、18年“竹林不倫騒動”の末に同僚でもある秋元優里アナとの離婚が成立したフジテレビの生田竜聖、入社3年目ながら東大出身でMENSA会員の安宅晃樹(あだけ・こうき)らが同票を獲得。プライベートから垣間見える人柄にも注目が集まりました。

18位 辻岡義堂(33・日本テレビ)

 「司会進行を見ていると頭の回転の良さを感じる。人柄の良さもにじみ出ている。媚びずに自己主張もしない。安定感がある」(47・女)

 「真面目そう。汗かきながら頑張る姿が面白い」(41・女)

 「野球に詳しいから」(61・男)

18位 生田竜聖(31・フジテレビ)

 「離婚しても辛さを顔に出さないで情報を読み上げる姿勢に好感が持てます」(46・女)

 「以前コンビニで遭遇した時、良い人だった」(21・男)

 「離婚してからの闇を抱えているキャラが、なんだか慰めたくなる」(39・女)

18位 安宅晃樹(26・フジテレビ)

 「穏やかな性格と端整な顔立ちが好き」(31・女)

 「冷静で安定したアナウンス」(34・男)

 「堅実な仕事ぶりと滑舌の良さ」(44・男)

 「知識が豊富だからトークが的確!」(45・女)

17位 小松靖(44・テレビ朝日)

 「テレビ朝日がサイバーエージェント社と良好な関係であることを世間にアピール出来たのは、小松アナがAbemaTV開局と同時に担当した『Abema Prime』での素晴らしい番組進行があったからこそ」(45・男)

 「ハンサムで清潔感がある。アナウンス力が高く、テキパキした仕事ぶりに好感が持てる」(50・女)

16位 井上貴博(34・TBS)

 「切り返しがうまく、真面目そうな見た目を裏切って、コメントが面白い。若いのに物知りで、コメンテーターとのやりとりもいい」(54・女)

 「やわらかくニュースを伝えることができ、その中に自分の意見をちらほら挟むのがうまい。派手さもなく媚びないし、アナウンサーとしての分もわきまえている」(68・男)

14位 三宅正治(56・フジテレビ)


三宅正治アナ ©文藝春秋

 「『めざましテレビ』で永島アナをよくサポートしていい雰囲気にしている」(20・男)

 「スポーツ実況が非常にうまい。すべてのスポーツを三宅アナに担当してもらいたい」(34・男)

 「『めざましテレビ』を見ていると、みんな仲良さそうで、三宅アナもよく笑っていて、見ている方も楽しくなる」(43・女)

 「威厳がありますが優しさも感じる人」(33・男)

14位 青木源太(36・日本テレビ)

 「明るくポジティブな印象」(56・女)

 「ジャニオタを隠さない所に好感が持てます。話も丁寧で聴きやすい」(59・女)

 「さわやかで見ていて気持ちいい」(44・女)

 「タートルネックが似合うイケメン」(43・女)

 続いて、13位から10位まで。13位にはフリーの古舘伊知郎が2年ぶり2度目のランクイン。古舘アナの後釜に座った「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメインキャスターである富川悠太は、昨年から5つ順位を落としましたが10位で面目を保ちました。

13位 古舘伊知郎(64・フリー)

 「『報道ステーション』で彼の迫力ある安倍政権への批判とか聴いていてすごく気持ちいいです。僕はこういうはっきり言うアナウンサーは尊敬します!」(41・男)

 「無駄口の多さがこの人の長所でもあり欠点でもあるが、こんな人がいても良い」(62・男)

 「『報道ステーション』は彼ありきの番組だったと再認識した」(33・女)

 「知識量に裏付けされた高速でのしゃべり」(46・男)

12位 中村光宏(34・フジテレビ)

 「小動物みたいで可愛い」(28・女)

 「バラエティ番組だけじゃなく野球実況もしっかりしている」(29・男)

 「優しくてかわいい」(36・女)

 「奥さんとの仲が見ていて微笑ましい」(45・男)

 「スポーツ実況でよく見るが、爽やかなイケメンアナ」(38・男)

10位 軽部真一(56・フジテレビ)

 「昔から大好きなアナウンサーで、優しそうな顔と分かりやすいイントネーションが好き」(40・男)

 「なんでも相談できそうな人柄が好き」(26・女)

 「ミスターめざまし、生ける伝説。芸能界での人脈はおそらくナンバーワンだと思います」(61・男)

 「ニュースが読めないようなダメな雰囲気がよい」(67・男)

10位 富川悠太(42・テレビ朝日)

 「清潔感のある爽やかさと歯切れが良い」(77・男)

 「時には安倍総理にも嫌われるほど直球勝負をするので」(55・男)

 「イケメン。ニュースを読む姿がかっこいい。頭の回転もよさそう。人間的に信頼できる」(39・女)

 「『報ステ』で経験を積んで上手くなっている」(40・男)

 「ニュースに対し自分なりのコメントをはっきり言える」(65・男)

 続いて9位から5位。5位に入ったのは、唯一の地方局からの入選となった、中部日本放送の石井亮次アナ。「ゴゴスマ~GO GO! Smile!~」(CBC)での軽快な語り口に加え、ドラマ「下町ロケット」「陸王」(ともにTBS系)などへの出演で知名度を高め、昨年の10位からジャンプアップしました。

9位 木村拓也(28・フジテレビ)

 「アナウンサーが人力車?何それ?って思っていたが、好きになった」(30・男)

 「爽やかで、ガッツがある」(57・女)

 「愛妻家なところが好感」(39・男)

 「爽やかで夕方のニュースが楽しみになる」(48・男)

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「山本太郎氏は終了」

    小林よしのり

  2. 2

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  3. 3

    不評クドカン大河は本当に酷いか

    新井克弥

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    北が新ネタで文在寅政権に攻勢

    高英起

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  8. 8

    立民に入党「代表から強い要請」

    黒岩宇洋

  9. 9

    遅すぎる豚コレラのワクチン接種

    小宮山洋子

  10. 10

    iPhone購入で感じた父親像の変化

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。