記事

韓国で広がる日本製品不買運動「ユニクロ」は売上が17%減少


韓国で出回る「不買運動」ポスター

 日本が韓国に対し、半導体製造に必要な原料を輸出規制したことで、韓国で日本製品不買運動が広がっている。SNSでは「NO」という文字の下に「BOYCOTT JAPAN」と書かれたポスターが急速に広まっている。

 7月3日には、ネット掲示板で「日本製品不買リスト」が出回り、リストにはトヨタ、ホンダ、パナソニック、ABCマート、キリンなど日本の大企業の名前がずらりと並んでいる。

 7月5日には、ソウルで一部の小売業者による「日本製品の販売中止」を宣言するデモが行われた。参加者たちは「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕を掲げ、日本製品のロゴが書かれた箱を一斉に足で踏みつぶしていた。

 この不買運動で大きな被害を受けたのが、韓国に187もの店舗を持つユニクロだった。7月5日の『中央日報』によると、昨年のユニクロの韓国での売り上げは1兆3700億ウォン(約1260億円)にのぼり、海外進出国のうち規模が最も大きいという。

 すでに不買運動の影響が出ている店舗もあり、7月5日付の『ソウル経済新聞』では、「7月1日から4日まで、あるデパートに入店しているユニクロ全店の売上は、昨年7月2日~5日に比べて17%減少」というデータが出ている。

 日本企業に対する不買運動で、まったく関係ないのにとばっちりを受けている企業も多い。7月5日付の『マネートゥデイ』によれば、「CU」と呼ばれる韓国最大のコンビニチェーンも被害を被っている。

 CU関係者は、「CUは最初にファミリーマートのブランドを借りていたが、2012年にライセンス契約が終了した。今CUは韓国の国内企業で、資本もまったく関係がない」と、強く否定しているという。

 また、日本の100円均一ショップと同じ名前で生活用品を販売する「ダイソー」も、日本となんの関係もないのに、不買運動のターゲットにされたという。

 企業だけではなく、話は芸能人にまで及んでいる。7月5日付の『dongA.com』によると、韓国で活躍する日本国籍アイドルの活動を中断させてほしいとの声があるという。

 アイドルグループ・TWICEのサナ、モモ、ミナやIZ*ONEの宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美などが主なターゲットになった。とはいえ、ネット上では「外交問題の責任を芸能人に回してはいけない」など、否定的な反応が多いそうだ。

 韓国の大統領府に寄せられた「政府の報復措置を要求」請願は、5日で2万8000を超えた。まだまだ「不買運動」は収まりそうにない。

あわせて読みたい

「ユニクロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。