記事

世界の死刑執行件数は減少する中、日本はこの10年で国内最多の15件執行

2/2
アフリカのスーダンでも死刑宣告を再開、2018年5月にはノウラ・フセインという若い女性に死刑宣告が言い渡された。彼女は16歳の時、自分の意志に反して、アブドゥルラーマン・モハメド・ハマドという男性との結婚を強要された。婚姻成立を拒むと、その男にレイプされた。男が再び彼女をレイプしようとしたとき、自分の身を守ろうとした彼女ともみ合いになり、男はナイフで刺され死亡した。

正当防衛の証拠があるにもかかわらず、女性は有罪となり、死刑宣告を言い渡されたのだ。この一件は国際的な抗議にまで発展した(編集部注:「Justice for Noura」という運動に発展、100万人以上の署名を集めた)。

フセインはアムネスティ・インターナショナルに次のように語った。

「裁判官に死刑宣告を言い渡され、呆然となりました。死刑になるほどの罪を犯したとは思っていません。こんな不当な処置がなされるなんて...女性だからなおさらなのです」
「家族からはこの件に関わりたくないと縁を切られてしまったので、一人でこのショックに向き合わねばなりませんでした。本当に辛かったです」

その後、(国際的な反発を受け)死刑宣告は取り消され、代わりに懲役5年と8,400ドル(約90万円)の罰金が課せられた。 しかし、検察官らはいまだに再審で死刑を求刑している。

死刑廃止をめぐる世界的な戦いはまだまだ終わりが見えないと、ナイドゥは言う。
「死刑廃止に向けた世界的な合意が、ゆっくりながら着実に形成されつつあります。ブルキナファソから米国まで、具体的な取り組みも始まっています。こうした前例に倣うかどうかは、その他各国に問われています」

「安全な社会に暮らしたいとは誰もが望むことですが、死刑は決してその解決策ではありません。 世界中の人々の継続的なサポートをもってすれば、死刑に完全な終止符を打つことができる、私たちはそう信じています」

By Tharanga Yakupitiyage
Courtesy of Inter Press Service / INSP.ngo
Amnesty ・International : Death Penalty(英語)
死刑廃止 : アムネスティ日本 AMNESTY - アムネスティ・インターナショナル

あわせて読みたい

「死刑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  3. 3

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  8. 8

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    au批判の武田大臣 表現が不適切

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。