記事

鯨食がどこまで残酷か

日本が商業捕鯨を再開した。国際捕鯨委員会を脱退し、調査捕鯨と称する活動の代わりに商業捕鯨に乗り換えた。これに対し、非難の声が上がっている。僕は、クジラの生存数の調査をしっかりやり、絶滅に追いやらないのなら、捕鯨はOKと思っている。

「鯨を食べるのは日本の文化だ、だから捕鯨してもいい」という論調には賛成しない。グローバルに影響することに関して文化論で適否を決めれば、変なことになりかねない。この手の文化論者が指摘するように、欧米がかつて鯨油を採取するために鯨を大量に殺戮していたのに、鯨油の必要性がなくなった瞬間、捕鯨反対を唱えるのはいかにも身勝手だとは思うが。

一方、動物愛護の観点から捕鯨に反対するのも変である。どういう行為が一番残酷かといえば、飼育した動物を屠殺して食べることだと僕は思っている。自然に生息している動物を食べる方が、残酷度が低い。

「かわいい、かわいい」と育てて、大きくなると「うまそうになった」と手のひらを返したように殺すのが残酷でなくて、何が残酷なのだと思う。「かわいい、かわいい」でなくてもいい。牛などに餌を与え、いかにも親切なふりをしていたのに、いきなり飼育していた動物を全滅させて食べることが、捕鯨と比べてどうなのか。

ベリタリアンが捕鯨に反対すればどうなのか。肉食の人間が反対するよりもましである。しかし、作物を育て、時期になれば全部刈り取って食べるのだから、それも植物からすれば残酷だろう。
要するに、動物は光合成をしない。だから生きるための養分を他から調達しなければならない。そもそも、動物という存在自身が残酷な要素を持っている。

このように考えると、鯨を食べることに忌避感を抱く必要性はない。生きるためには動物や植物の殺戮は仕方ない。残念なことではあるが。それをことさら「私は土と水以外は何も口にしません」というふりをして、捕鯨反対を唱えるのは偽善そのものだと思っている。

現実問題に戻ると、注意すべきは中国である。調べると、捕鯨を支持もしていないし、反対もしいていない。彼らがどう動くのだろうか。捕鯨すると動いた時、日本としてクジラの生存数調査と、それによる制約をきちんと主張できなければならない。アフリカは捕鯨支持国が多い。人口の爆発している彼らも説得しなければならない。
今のあまり深く考えていないような農水省には、将来に向けて頑張ってもらいたいものだ。現時点での捕鯨に反対、賛成の議論よりも、より重大な将来の紛争の種に備えた議論の準備である。

最後に、僕にとっての鯨とは何か。子供の頃は牛肉の代替だった。正直、美味い食物ではなかった。大人になり、「捕獲が禁止されている」、「貴重や」と言われて食べてみると、確かに美味いと思うこともある。でも、毎日食べようとは思わない。アイスランドでステーキだったかを食べたときには、途中で「もうええな」と、少しだが飽きてしまった。

あわせて読みたい

「捕鯨」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  10. 10

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。