記事

売り続けなければいけない仕組みからの脱却。

最近、大手メディアやリアル店舗や訪れると必ず見かけるのが、サステナブルやエシカル、SDGsの文字です。

僕自身もこの波に押されて、「あー、いよいよタンブラーを買わないといけないのかなあ…」と思わされている自分に気が付きました。

そっちのほうが「イケてる」というムード(雰囲気)が世間的につくられ始めているからなのでしょう。

少なくとも、今そういったキーワードに疎いことは「ダサい」というレッテルが貼られるようになってきた。着実にそんなムードが生まれ始めてきています。

僕らは見事に、メディアや店舗の新しい消費喚起の罠にハマっているわけですよね。

「丁寧な暮らし」ブームを振り返って。

きっとこれからもそうやって新しい需要がずっと作られ続けられていくのでしょう。

ふと、思い返してみると、2010年代に流行った「丁寧な暮らし」文脈で人気になったアイテムに、サステナブル要素が含まれているアイテムってほとんどなかったと思います。

参照:「暮らし」に関する論争をみていて思うこと。 | 隠居系男子

「丁寧な暮らし」を追い求めることによって、「上質な」や「心地よい」というキーワードを獲得することはできたかもしれないけれど、その暮らしが「SDGs」の基準に則っているかと言えば、決してそうではない。

もちろんプラスチックを使っているアイテムだって多いはず。

自分の中の意識が変わり始めたら、今度はそれらに買い替えたくなる。

でも、そうやってすぐに買い換える行動が果たして、本当にそのSDGsの理念に沿っているのか?ということは、一度立ち止まって考えなければいけないことだと思います。

今の市場は、売り続けなければいけない仕組み。

もちろんこれは、買い手側だけの問題ではありません。

売り手側の問題でもあると思います。

今の市場では、「新たな需要喚起をして、商品を売り続けなければいけない」そんな仕組みになってしまっている。

多くの企業が本気で地球環境を憂いているわけではなく、売り続けて今の体制を維持するために使っているのが「サステナブル」というキーワードであって、また新しい世界的なキーワードが生まれたら、そちらに乗っかって新しい商品を売り続けるのでしょう。

ビジネスモデルを前提から問い直す必要がある。

そういえば、昨日こんなツイートしてみました。

「薄利多売」とか「店舗数を増やす」とか、そういった過去のビジネスモデルを真面目に踏襲しようとするから、このスパイラルから脱却できないのだと思います。

そうじゃなくて、もっともっと素直に考え直したほうがいいのかもしれません。

従来のテクニックに逃げるのではなく、「あれ…?本当に売り続けなければいけないんだっけ?」と前提から問い直す必要が出てきている。

そうじゃないと、この新しい価値観には本当の意味で応答することはできないのだと思います。

最後に

いつの時代も、人の心を動かし、抜本的に仕組みを変えてしまうのは、素直なひとの発想です。

こんな偉そうなことを書いてきましたが、具体的な解決策は僕もまだわかっていません。

ただ、それをみんなで考えていくタイミングが今なのではないでしょうか。

そんなことを考えている今日このごろです。

いつもこのブログを読んでくださっている方々にとっても、何かしらの考えるきっかけとなったら幸いです。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    ハーバード講座示す興味深い日本

    ktdisk

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。