記事

アルバイトの給与「上げた」が半数 保育職で顕著、背景に人手不足

人手不足に強く危機感を持っているようです真AC

マイナビは7月5日、「非正規雇用の給与に関する業種別調査」の結果を発表した。調査は今年5月に実施。直近半年以内に、アルバイト、派遣社員、契約社員の採用に携わった、20歳から69歳の男女1519人から回答を得た。

非正規雇用の直近半年間の給与を雇用形態別に聞くと、「上げた」という回答が最も多かったのは「アルバイト」で46.7%。派遣社員や契約社員の給与は「変わらない」が5割を超えた。業種別にみると、アルバイトでは他の雇用形態と比べて「保育」で給与を上げた企業が多く、61.6%だった。

警備、接客、販売などは全ての雇用形態で給与を上げている

雇用形態を問わず給与を「上げた」という回答が多かったのは、「警備・交通誘導(セキュリティ・設備工事等)」や「接客(ホテル・旅館)」、「販売・接客(コンビニ・スーパー)だった。

非正規雇用の給与を上げる理由を聞くと、1位は全ての雇用形態で「人材確保が難しくなったため」(アルバイト:76.0%、派遣社員:70.9%、契約社員:66.2%)だった。このほか、2位も全ての雇用形態で「既存社員のモチベーションアップのため」(それぞれ39.3%、51.2%、50.7%)だった。

3位はアルバイトとそれ以外で差がついた。アルバイトの給与を上げた理由3位は「市場動向・同業他社動向を踏まえて」(32.7%)だったが、派遣社員、契約社員では「正社員との不合理な待遇改善のため」(それぞれ44.1%、41.5%)だった。アルバイトの場合、正社員との不合理な待遇改善を理由に上げたのは23.7%で、派遣社員、契約社員と10ポイント以上の差がついた。

今後、非正規雇用の給与を引き上げる予定の企業にその理由を聞いたところ、全ての雇用形態で「人材確保の困難さ」が1位になった。

あわせて読みたい

「給与」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  6. 6

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  7. 7

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  8. 8

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

  9. 9

    東芝子会社 約200億円の架空取引

    AbemaTIMES

  10. 10

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。