記事

【読書感想】シニアひとり旅 インド、ネパールからシルクロードへ

1/2


シニアひとり旅 インド、ネパールからシルクロードへ (平凡社新書)
作者: 下川裕治
出版社/メーカー: 平凡社
発売日: 2019/06/17
メディア: 新書この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。


シニアひとり旅 インド、ネパールからシルクロードへ (平凡社新書0914)
作者: 下川裕治
出版社/メーカー: 平凡社
発売日: 2019/06/16
メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

内容紹介
ビザの煩雑さ、移動手段、衛生面や治安に対する不安など、かつて、インドや中央アジアへのひとり旅はハードルが高かった。
だが、旅がしやすい地域となったいま、この地を再び訪れると、若い頃にはわからなかった人情や歴史の深さに心がひきつけられる。混み合う列車の旅でインドの人々の優しさに気づき、シルクロードのバザールでは、悠久の時の流れに思いを馳せる――。

肩肘を張らずに次なるアジアへ、シニアならではの旅に出かけよう。


 僕自身は、若い頃にバックパッカーとして世界を放浪してみたい、と思ったことはほとんどないし、クーラーが効いている部屋のなかで、本を読んでパソコンをいじっていれば幸せ、という人間だったのです。
 その反動からか、貧乏旅行とか冒険の話を「読む」のは大好きなんですよね、ずっと。

 読んでいるだけでお尻が痛くなりそうな海外での過酷なバスや鉄道の旅を続けている著者の本は、書店でみかけると、つい買って読んでしまうのです。

 自分では将棋を指すわけではないけれど、コンピュータによる「評価値」をみながらネットでの将棋中継を眺める、という「観る将」という人たちが存在するのですが、僕はさしずめ「読みバックパッカー」といったところでしょう。

 この本のなかで、著者は、「定年後や子育てに一区切りつき、長い旅に出ることが可能になったシニア層」に向けて、ひとり旅でのインドをはじめとする「ちょっと難易度が高そうな目的地」を紹介しています。

 旅の体験記だけではなく、その土地での注意点や交通手段などにも触れられていて、タイトルにある地域に行ってみたい人は、目を通しておいて損はなさそうです。

 もっとも、著者はかなり「ひとり旅スキル」が高く、経験も積んでいる人なので、同じことをやるのは、初心者には難しそうではありますが。
 僕なんか、空港の金属探知機チェックに引っかかっただけで、パニックになってしまうので。

 日本人バックパッカーの間でも、「アジアを歩くなら、まず、カオサンに行け」といわれた時期もある。ここへ行けば、アジア旅のさまざまな情報が手に入った。安い日本食の食堂も何軒かあった。カオサンは、日本人バックパッカーの聖地だった。

 しかしここ数年、カオサンにやってくる日本人は一気に減ってしまった。バンコクでは、カオサン以外に多くのゲストハウスができたことも一因だが、やはり日本の若者が旅から離れていってしまったことが最大の原因かと思う。

 かつて、日本人バックパッカーがたむろしていた一画にも行ってみた。日本人で埋まっていたゲストハウスの何軒かは、シャッターが閉められていた。

 なんだか複雑な気もちで、カオサンの路地裏を歩いた。歩き疲れ、ゲストハウスの一階にある店に入った。

 カオサンの表通りは、欧米人やタイ人の若者でにぎわっていた。話す声が聞こえないほどのレゲエが店に響いていた。しかしそこから十分ほど歩いた、その路地裏は、ほっとするほど静かだった。テーブルを埋めているのは、欧米人のシニアばかりだった。皆、ぼんやりとビールを飲んでいる。

 この本を読んでいると「日本の若者の海外旅行離れ」みたいなものが伝わってくるのです。
 海外のブランドショップで「爆買い」する日本人が批判されていた時代もありましたが、いまは日本が「爆買い」される側になりました(というか、中国人による「爆買い」も、もう下火になっているようです)。

 日本人にとって「異境」であり、カルチャーショックを受けるほどの経済格差があった地域も、どんどん豊かになってきていることがわかります。

 ハリドワールというヒンドゥー教の聖地に、年に一回向かう日本人の知人が口にした言葉を思いだした。彼はヨガ教室に通っていて、そこが主催するヨガツアーに参加していた。

 「ハリドワールはガンジス川に沿った聖地だから、インド各地から観光客がやってくる。ここで沐浴をするのが習わしなんですが、若い人が最近、やらないんです。彼らはヒンドゥー教徒だから、沐浴の意味は知っています。
ただ、川の水が汚いっていうんだそうです。たしかにバラナシあたりを流れるガンジス川は汚れてますが、ハリドワールは上流ですから、かなりきれいです。いまの若者はシャワーでしか水を浴びたことがないようなんですね。宗教的な儀式が、生活習慣の変化のなかで崩れはじめているんですよ」

 サリーを捨ててスカートに走り、川での沐浴を嫌う。そんな若者がインドの中間層を中心に増えているようだった。

 その世界に入り込めば、インドの旅はずいぶんとハードルがさがってくる。紙はなく、桶の水を尻に流して洗うインド式トイレに苦戦することもない。中間層のインド人世界のトイレは、洋式の水洗である。彼らの清潔感はかなり高くなってきている。
宗教的な習慣が前面に出てくることもない。カフェに入れば、本格的なコーヒーが待っている。道端に座って、素焼きのカップからチャイを飲む世界とは違うのだ。

あわせて読みたい

「海外旅行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  3. 3

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  5. 5

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  6. 6

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  9. 9

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。