記事

総額563.5億円!「億」呼び続ける大阪の宝くじ売り場とは?

「この売り場は特設と命名されているように、ジャンボのときだけ、仮設で建てられ、そのたびに解体されてきました。まさに究極の新装開店売り場なんです」

こう話すのは「大阪駅前第4ビル特設売場」の販売担当・野田保隆さん。’99年以降、ジャンボ億が297本、総額563.5億円が出ている、西日本一の大当たり売り場だ。現在、大阪第4ビルの防水工事に伴い、売り場の場所が南隣の第3ビル前に移動中だ。

「わかりにくくご迷惑をおかけしてますが、移転で運気は確実に上がっているはず(笑)」(野田さん)

今年も7月2日から、1等・前後賞合わせて7億円のサマージャンボが発売中。本誌が今回注目したのは新装開店、いわゆるリニューアルしている売り場から、億が爆当たりしている現象だ。

昨年年末10億円が出た静岡県「イオン浜松志都呂チャンスセンター」は、その3カ月前に売り場のボックスを交換。真新しくなったばかりだった。

「以前から店頭に縁起物として設置していた、金色の座布団も新調。すっかり生まれ変わった店頭で発売したところ、本当にまさかの10億円でした」(村上祐一店長)

続いて福岡県「マイングチャンスセンター」は、JR博多駅駅ビル内の売り場。

「’15年に駅ビル全体を一度クローズしてリニューアル。売り場も一時的に休業し、場所も移動して新装開店しました。すると、’17年ハロウィンで1等4億円が出ました」(橋本達矢店長)

この後も、昨年サマーで2等1,000万円が出るなど絶好調だ。

そのほかにも、新装開店で大当たりの売り場がある。

【神奈川県】横浜ダイヤモンドチャンスセンター

1回目(’15年12月)の新装開店で’17年ドリーム7億円、2回目(’17年9月)の新装開店で、’17年年末ミニ7,000万円、’18年サマー7億円。

【神奈川県】東急武蔵小杉駅宝くじショップ

’13年4月新装開店で、’15年年末ミニ7,000万円、’17年グリーン5億円。

しかし、どうしてリニューアルすると、大当たりが出るのか? 宝くじ研究家の山下剛さんは次のように語る。

「開運を妨げる邪気は、古い建物にたまっていきます。建物が新しくなるだけで、運気は確実に高まるんです。伊勢神宮などの運営も、この考え方をしていると思います」

あなたも、新規開店パワーにあやかってみてはいかが?

あわせて読みたい

「宝くじ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  2. 2

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  3. 3

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  8. 8

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ミスコンはもう全大学で中止せよ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    地方疲弊 地域手当制度の撤廃を

    海野隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。