記事

中畑は騒がしく、桑田は説教調…野球評論家におべんちゃらは要らない! - 室井實


恥ずかしながら、朝刊はラジオ・テレビ欄(ラテ欄)から見る。それも今夜の巨人は、どこが中継するのか気になる。

友人たちからは「アンチ巨人も巨人ファン」と言われるが、巨人戦は時間の許す限り見る。だから好きなドラマは録画する。

ところが最近、地上波からナイター中継が消えた。

プロ野球はもう地上波のコンテンツではない

某日、中日×巨人戦がナゴヤドームであった。ラテ欄を丁寧に何回も見たが、中継がないのだ。

読売巨人軍公式サイトを見る。フジテレビTWO、ニッポン放送、ラジオ日本、東海テレビで関東の地上波テレビはない。フジテレビTWOはスカパーかケーブルテレビで見られるようだが、年金生活者で有料チャンネルは無理。

「貧乏人は麦を食え」ならぬ「ラジオで聴け」は、ちょっと古いか?

最近はNHK BS、J SPORTSだけでなく、DAZN、Hulu、日テレジータスなど有料チャンネルの放送も多い。特にDAZN、Huluなど新媒体は視聴案内を読んだが解らない。

仕方なくニッポン放送で聴く。

このラジオ局、「野球がなければ、ラジオじゃない」をキャッチフレーズに元気だ。TBSラジオが野球中継を止めてしまったのと対照的。野球好きのオヤジとしたら、野球がなければ日が暮れない。晩酌も美味くないのだ。

ラテ欄を見て、テレビ局が試合開始から終了まで中継しそうなら、スコアブックを付けながら見る。ハイボールと選手名鑑を用意し、年俸を比較しながら観戦するのは至福の時。カネのかからぬ密かな楽しみである。

地デジの恩恵か、BSは2チャンネルで延長放送もあり、長時間にならない限り試合終了まで見られる。

ただし、BS日テレを見ていて「番組を終了いたします。引き続きCS日テレジータスでご覧ください」という字幕は、〝悪魔のささやき〟に思える。

日本テレビの発表資料によれば〈主催試合を、地上波で18試合、BS日テレで61試合、日テレジータス(CS)と2つのインターネット配信サービスでは全71試合を放送します〉とある。地上波は少なくなったものだ。

「かつては、巨人戦になると地上波ナイターで視聴率は20%超えていた。それが10%台になり、さらに1ケタになり、地上波のゴールデンタイムのナイター中継は激減した。BSではスポンサー料も安いから、数を集めるのに大変ですよ」(広告代理店幹部)

野球解説者のギャラも減った

そこで気になるのが、多くの野球評論家たち。

「かつてはテレビ局、スポーツ紙、出版社の3社と年間専属契約した優雅な野球評論家もいましたが、今は1本いくらの本数契約が多いとか。ましてBSやCSになるとギャラも安いとあって皆さん大変そうです」(放送担当記者)

アンチ巨人だけに、歯が浮くような巨人OB評論家の解説は聴きたくない。巨人OBではない連中も日テレで解説するからか、忖度して巨人寄りの解説になる。

中畑清は騒がしく、桑田真澄は説教調で好きではない。嫌な評論家の場合は音声を消し、ニッポン放送に替える。

江川卓は練習を見ないという悪評があったが、野球以外の副業が減ったのか、他球団の話もする。意外と辛口で良。しばしばゲスト出演する亀梨和也のミーハー質問もうるさい。「まとも」な評論家は誰だろうか?

個人的には江本孟紀、真中満、山﨑武司、山本昌、谷繁元信、里崎智也あたりが好み。特に捕手出身はデータが豊富で面白い。

評論家には忖度も、おべんちゃらも要らない。

室井實(むろいみのる) フリーライター
1950年、栃木県生まれ。明治大学法学部卒。東京タイムズを経て徳間書店に入社。「アサヒ芸能」報道部、編集事業室室長、「Goods Press」編集長代理、スター・チャンネル広報部長(出向)、徳間に戻りマルチメディア企画開発、部長。ディレク・ティビー取締役宣伝部長(出向)。徳間に戻り執行役員宣伝部長を歴任。徳間書店退職後、東北新社広報室長。2011年に東北新社を退職し現在に至る。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。