記事

銀行はもうずっと前から"弱体化"していた

1/2

なぜ銀行はここまでダメになったのか。住友信託銀行(当時)の副社長を務めた大塚明生氏は「1970年代後半から『預貸ビジネス』はもう限界だった。だが『なんとかなる』という思考停止により、後戻りできないところまで来てしまった。多かれ少なかれ日本のあらゆる業界で、同様のことが起きている。銀行の構図は日本の縮図だ」という――。

※本稿は、大塚明生『バンカーズ・コード』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Motortion)

銀行の収益源「預貸金の利ざや」が縮小している

そもそも銀行はなぜここまで弱体化したのか、その原因について触れておきましょう。

ご存じのように、伝統的銀行業務の柱は預貸ビジネスです。つまり、企業や個人から預金を集め、それを企業や個人に貸し出す。ざっくり言えば、普通預金など利回りの低い流動預金(調達)と貸出金の金利(運用)との利ざやが主たる収益源です。

では、その預貸ビジネスがなぜ今苦況に陥っているのか、巷間よく挙げられているのは次のような理由です。

●事業基盤のベースとなる人口の減少
●一般企業における資金需要の低下
●「オーバーバンキング」と言われるほど店舗数が多いことによる過当競争
●日本銀行の異次元金融緩和・マイナス金利政策による超低金利の長期化

これらの理由から、どの銀行も収益源たる預貸金の利ざやが急激に縮小し、収益構造の悪化が深刻なものとなっていると言われています。

参考までに国内銀行の金利推移を、貸出金、普通預金で見てみましょう(日本銀行統計より)。1990年度末の新規貸出金利は8.1%、普通預金金利は2.1%でした。ところが2010年度末はそれぞれ1.1%、0.0%となり、2017年度末では0.6%、0.0%にまで低下しています。新規貸出金利から普通預金金利を引いた利ざやで見ると、推移は6・0%↓1.1%↓0.6%とその縮小は明らかであり、収益獲得が困難となっているのがよく分かります(図参照)。

厳しさを増す預貸ビジネス(画像=『バンカーズ・コード』)

何十年も前からすでに機能不全に陥っていた

しかし、このような事態を招いた真の理由はほかにあると私は考えています。

預貸ビジネスのビジネスモデル自体が、何十年も前から機能不全に陥り始めていたのです。

その理由は2つあります。

一つ目は、社会が間接金融から直接金融へ移行してきたことです。

そもそも今日の日本の発展は、戦後、官民が一丸となって重厚長大産業を興したことに始まります。旺盛な資金需要を持つ企業とそれを奨励する政府が手を携えて、世界が驚くほどの経済発展を遂げたのがわが国の高度成長期でした。このとき、銀行は重要なプレーヤーとして経済活動の血液たる資金を企業に融資し続けました。まさに間接金融の時代です。

当時を象徴するエピソードとして、川崎製鉄(現JFEスチール)が戦後初の臨海製鉄所を千葉市に建設した際の話が有名です。

昭和25年、当時の同社の資本金は5億円。対して建設資金は163億円。無謀な計画だと世論の逆風は強く、法王と呼ばれるほどの存在だった一萬田尚登日銀総裁から「建設を強行するなら製鉄所の敷地にぺんぺん草が生えることになる」と毒づかれるほどでした。

高度成長期の終わりとともに蜜月関係に陰り

しかし当時の西山弥太郎社長は「臨海製鉄所で鉄を造れば、競争力のある製品ができ、それを世界に輸出できる。これからは鉄だ」といささかもひるみませんでした。次第に官僚や企業人の間に川崎製鉄を支援する動きが広がり、融資を申し出る銀行が複数出現。ついに川崎製鉄は資金を調達することに成功し、千葉製鉄所建設を成し遂げたのです。川崎製鉄のその後の成長については改めて述べるまでもないでしょう。

しかし、こうした銀行と企業の蜜月は高度成長期の終わりとともに陰りを見せるようになります。そもそも社会が成熟してくると、企業は必ずしも銀行に頼らなくても資金調達ができるようになっていきます。現在では企業は成長すると社債や株式の発行を通して、銀行を通さずに市場から直接資金調達する機会が増えています(直接金融)。クラウドファンディングのような方法も出てきました。銀行は、企業にとってなくてはならない存在とは言えなくなってきているのです。

大規模設備投資の需要がなくなってしまった

もう一つの理由は、産業構造の変化です。

戦後日本の経済成長の中心は長らく製造業でした。成長に伴って設備投資を必要とする製造業に対して資金を融資し、それがさらなる経済成長につながっていくという循環の中で、銀行は役割を果たしてきたと言えます。先に挙げた川崎製鉄のエピソードはまさにその時代のものです。

しかし、時代は変わり、今も製造業は日本社会の主要な産業の一つですが、かつて日本を支えた重厚長大産業の成長は鈍化し、大規模設備投資を必要とするような需要はもはやほとんど見込めません。

間接金融ニーズの衰えに加え、そもそも資金需要そのものが低下している――。

従来型預貸ビジネスは、日本が力強く経済発展を遂げていた高度成長期だからこそ、機能していたビジネスモデルだったのです。

バブル崩壊直前には、従来型預貸ビジネスの衰退を象徴する事件も起きました。日本興業銀行(興銀)が引き起こした「尾上縫事件」です。

あわせて読みたい

「銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  10. 10

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。