記事

第25回参議院議員選挙公示 初日 立候補の決意表明

1/2
出陣式・東京第一声(海運ビルで)

   「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。第25回参議院議員選挙が始まりました。私は、自民党公認、参議院比例代表(全国区)候補として、国家国民のために全身全霊で戦います。

7月4日(木)、第25回参議院議員通常選挙が公示となりました。まずは、山梨において、遊説隊の出発式と必勝と安全祈願祭を武田神社において、実施しました。

その後、上京して、赤坂の山王日枝神社において、戦勝祈願祭を行い、午後0時から出陣式、東京第一声を行いました。

高木けい衆議院議員の司会進行のもと、西村やすとし官房副長官、山谷えり子元国家公安委員長、大塚拓衆議院国体副委員長、大西英男総務大臣政務官から激励の言葉を頂きました。各支援団体からも支援の表明がありました。

●立候補の決意


私は、次のような決意表明を行いました。

平成21年の自民党大逆風の選挙で落選を経験し、平成25年の参議院議員選挙(比例代表全国区)で国政復帰をさせていただきました。その間、政権交代によりあの・・・民主党が政権を担うことになりました。我が国にとっては、東日本大震災があり、それは大変な時期でした。自民党は野党になり、私自身も落選中の身で、無力な自分をこれほど歯痒く感じたことはありませんでした。

その時、心底痛感したのは、とにかく実力をつけなければという焦りにも似た思いです。それ以来、仕事の仕方、結果の出し方について改めて考えを徹底してまいりました。筋の通らないところに結果は出ず、やるからには結果を出さねば意味が無い。そして、その結果には、それがどういう形をとるにせよ、責任を持つ。もし、望んだ結果にとどかなければ、目を逸らさずその原因をしっかり分析し、的確な改善策を考える。これらの基本を忘れず、常に「日々勉強」しながら、経験を糧とし、学んだことはどんどん活かす。この積み重ねが力につながってはじめて、ようやく国家・国民のための仕事ができるようになるのだろう、そう思って、地道に一歩ずつ歩んでまいりました。時には突破力を武器に、ぶつかるべきところはひるむことなくぶつかってまいりました。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  7. 7

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。