記事

対韓輸出規制 自由貿易に反する

政府は、今日4日午前0時に、韓国への輸出規制強化策の第一弾を発動しました。半導体などの材料3品目(レジスト、フッ化水素、フッ化ポリイミド)を対象に、輸出許可の手続きを厳密にします。3品目は、スマートフォンやテレビなどの画面に使うもの、半導体基板に塗る感光材、半導体洗浄に使うもの、ということです。

韓国のメーカーが、材料不足で半導体などを十分に作れなくなれば、これを使う日本を含めた家電メーカーのスマートフォンなどの製造も滞り、世界の経済に影響を与える恐れがあります。この輸出規制は、元徴用工問題を巡って、韓国政府から、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)までに満足する解決策が示されなかったからだということを、菅官房長官は語っています。

世界の半導体市場に占める韓国の存在感は大きく、影響は避けられないとみられています。この規制強化は、自由貿易で成り立ち、それを推進している日本が、取るべき対応ではないと思います。韓国は猛反発して、世界貿易機関(WTO)提訴に言及しています。

どうして対韓国になると、感情的と思える反発を続けるのでしょうか。G20サミットでも、各国首脳と会談した安倍首相は、韓国の文大統領とは会いませんでした。確かに、文大統領の対応は遅すぎ、いらだつことが、わからないでもありませんが、G20の首脳宣言で、「自由で公平、無差別な貿易・投資環境の実現に努力する」と、まとめたのは安倍首相のはずです。

隣国の韓国と争って、誰も得をしないと思います。政府は、規制強化策の第2弾として、輸出先として信頼できる国を指定する「ホワイト国」(現在27カ国)から、韓国を外す手続きに着手していて、早ければ8月中旬にも外す見通しと報じられてもいます。こうした日本のやり方が、国際社会で理解されるとは思えません。何とか対話で解決する方法を探るべきだと考えます。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  2. 2

    西武・松坂の不可解な縁故採用

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  4. 4

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  5. 5

    産経が安倍政権の「たるみ」指摘

    PRESIDENT Online

  6. 6

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  7. 7

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  8. 8

    池上彰氏が英EU離脱の争点を解説

    NEWSポストセブン

  9. 9

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。