記事

日米に加え北朝鮮も…「韓国パッシング」は今後も加速する

韓国統一省は2日、板門店(パンムンジョム)で6月30日に実現した史実上の米朝首脳会談の現場に現れた、北朝鮮要人11人のリストをマスコミ向けに配布した。そこに挙げられたうちの半数以上は、李容浩(リ・ヨンホ)外相や金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長、崔善姫(チェ・ソニ)第1外務次官ら日本の報道でもなじみ深い人々だ。

その一方、北朝鮮ウォッチャーが特に注目した人物もいた。チャン・グムチョル党統一戦線部長である。4月に行われた党の総会で金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長の後任として部長に就任して以降、対外的な場に初めて姿を現した。

同氏については、プロフィールや人柄が外部にほとんど伝わっていない。統一戦線部は対日工作を担当する部門のひとつでもあり、日本でも注目されている人物なのだが、板門店での同氏の控えめな立ち位置を見て、日米との不協和音に加え北朝鮮も「韓国パッシングを加速させるかもしれない」との憂慮を表した向きがある。

(参考記事:「考え方が違う」米国から文在寅氏に不快感…北朝鮮もダメ出し

たとえば中央日報(日本語版)は2日、次のように書いている。

〈統一戦線部が後ろに、外務省が前面に出ることで北朝鮮の「韓国無視」がさらに露骨化する可能性があるという指摘が出ている。(中略)仁済(インジェ)大学のチン・ヒグァン教授は「南北関係の責任者(統一戦線部長)が対米協議に出れば韓国という変数も考慮するが、対米交渉の実績を最高基準としている外務省に重きが移れば韓国の役割を無視する可能性がある」と分析した。実際、外務省が前面に出て韓国批判も強まった〉

しかしここでも述べられているように、そもそも統一戦線部の担当分野は南北関係であり、北朝鮮の対米外交はほぼ一貫して外務省が仕切ってきた。ハノイで首脳会談が決裂するまで統一戦線部が対米外交の前面に出ていたのは、トランプ米大統領がポンペオ中央情報局(CIA)長官(現国務長官)を特使として送って寄越し、そのカウンターパートとして、やはり情報機関(偵察総局)のトップを歴任した金英哲党副委員長兼統一戦線部長に白羽の矢が立ったからだ。

統一戦線部は「本業」でもない対米外交に、成り行きで駆り出された側面があるわけだ。ちなみに、ハノイでの会談決裂の責任を問われ、政治犯収容所に送られたとの説がある金聖恵(キム・ソンへ)統一策略室長も、統一戦線部の所属である。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

つまり、統一戦線部は南を、外務省は米国を担当するというのは北朝鮮外交の従来の形であり、さほど憂慮すべきこととは思えないのだ。

中央日報が書いているように、北朝鮮は板門店での会談直前まで韓国批判を激化させていた。だがそれは、対米外交の担当部署が変わったからというよりも、金正恩党委員長の文在寅大統領に対する認識の変化がより大きく作用しているような気がする。

(参考記事:「思考と精神がマヒしている」文在寅氏への攻撃を強める北朝鮮

つまり北朝鮮が今後、「韓国パッシング」を加速させるかどうかも、文在寅政権がどのような動きに出るかに関わっているわけだ。そして、文在寅政権のこの間の「外交下手」さかげんを見る限り、金正恩氏はいっそうイラ立ちを募らせ、韓国に辛く当たる可能性が大きいように見える。

(参考記事:韓国専門家「わが国海軍は日本にかないません」…そして北朝鮮は

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  3. 3

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  7. 7

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  8. 8

    よしのり氏 吉本社長は人情ある

    小林よしのり

  9. 9

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  10. 10

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。