記事

日米安保体制は堅持だと明言した枝野立憲民主党代表

 参院選を直前に控えた7月3日、日本記者クラブで恒例の党首討論会が行われた。

 そこで、枝野立憲民主党代表は次のように答えたという。

 きょうの毎日新聞が報じている。

 「立憲民主党は明確に日米安保体制維持だ。健全な発展を目指すという立場で、安倍さんとも山口さんとも一致している」

 野党第一党の党首が選挙前の公開討論会でこう明言したのだ。

 より自民党寄りの国民民主党は発言しなかったようだが、聞くまでもないだろう。

 社民党は村山首相の時に自民党と連立政権を組んで、早々と日米安保を容認し、それ以来方針を変更したという話は聞かない。

 ただひとり共産党だけが今度の選挙公約で日米安保の廃棄を掲げている。

 しかし、どの新聞を見ても、それをきのうの党首討論で語った気配はない。

 そして、なによりも、新聞記者の質問が、そもそも日米安保体制堅持を大前提として質問しているのだ。

 それに少しでも疑義をはさむような政党に政権を任せるわけにはいかないと言わんばかりに。

 そう言われて、枝野代表は、その通りですと答えるしかなかったのだ。

 野党連立政権を目指す共産党は、選挙公約である安保破棄をみずから言い出せなかったのだ。

 これが戦後70数年たった日本の政治の現実である。

 そんな中で、オリーブの木から立候補した新党憲法9条代表の私は、全国の国民に向かって問いかける。

 このままこの国の政治が日米安保体制を維持、強化して行って、本当にそれでいいのかと。

 米国との軍事同盟を強化して行って日本はより安全に、暮らしやすくなるのかと。

 その訴えが国民の心に響かなければそれまでだ。

 少なくとも京都には三上候補が立った。

 三上さんと二人で、歴史に残る選挙を京都で繰り広げる。

 京都府民の心を動かせないはずはないと信じている(了)

あわせて読みたい

「日米安保」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。