記事

東京五輪"ランチ難民"が産む意外な商機

1/2

東京五輪開催に伴って、どのようなビジネスニーズが創出されるか、企業にとって知恵の絞りどころです。成長の兆しがすでに見えている分野の一つが「会社員のランチ」。五輪開催で予想されるランチ難民を救える画期的なサービスとは――。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Yue_)

■すでにランチ難民は3人に1人

東京五輪の開幕(2020年7月24日)が、少しずつ迫ってきました。運よく観戦チケットをゲットできた方もそうでない方も、今からその日が待ち遠しいですよね。

一方で、五輪はビジネスマンやOLにとって「悩ましい難題」をもたらす可能性も、いくつか指摘されています。

その代表が、朝晩のラッシュアワーと、「ランチ難民」の増加。とくに後者では、五輪が開催される競技場界隈の企業を中心に、ランチタイムの相当な混雑が予測されます。

ぐるなびによる調査(18年)でも、普段から「月1回は昼食にありつけず、ランチ難民化している」と答えた男女が、3人に1人以上(36%)。これが五輪期間中となれば、さらに何倍も増えるに違いありません。

また、競技場からは遠い企業や住宅地でも、全国的にランチタイムのデリバリーや惣菜需要が増えるはず。「お昼はクーラーのきいた部屋で、ゆっくりテレビで五輪観戦しながら、ランチを食べよう」と考える男女が多いだろう、と思われるからです。

■2020年のビジネスチャンスを掴める企業とは

これが、マーケティングで言う「外部環境要因」の変化。かの著名な経済学者、フィリップ・コトラーは、マーケティングにおいて、自社を取り巻くマクロな外部環境の変化を、「PEST分析」によって分析すべきだと説きました。

PESTは、「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」の4つの頭文字です。

来年の東京五輪によるランチ難民の増加は、都心で働く男女からみると、確かに「ピンチ」かもしれない。でも企業サイドからPESTに照らして考えると、少なくとも「E(経済=消費等)」と「S(社会=トレンド等)」の視点から、大きなビジネスチャンスを迎えるはずですよね。

そこでいま、デリバリーや惣菜を扱う企業は、関連の商品やサービスによりいっそう力を入れ始めています。

例えば「オフィスおかん」。利用企業のオフィスに設置した冷蔵庫・専用ボックスに、定期的におかずを補充するサービスです。

好きなものを取り出し、買った分の料金を入れる

いわば、「社員食堂(社食)」の簡易版、「ぷち社食」とも呼べるでしょう。メニューは「さばの照り焼き」「ひじき煮」「玄米ごはん」といった家庭の味を中心に、約20種類。管理栄養士が監修した、栄養バランスの良い食材を提供するのが特徴です。

 

■「オフィスおかん」導入企業が前年比2倍以上

OKAN・広報の中村星斗さんによると、オフィスおかんの利用企業は、全国で約1500社に及ぶとのこと(2019年6月現在)。毎年導入企業数が(前年対比で)2倍以上の割合で増えているそうです。

提供するメニューは、1品あたり100円。利用する従業員は、オフィスに置かれた専用の集金箱に、買った分だけ料金を投じるシステムです。これは、古くから「富山の置き薬」などで使われてきたビジネスモデル。最近では、オフィスにお菓子が入った小さな箱を設置する「オフィスグリコ」(江崎グリコ)などにも、応用されていますよね。

オフィスおかんのメニューは約20種類

利用企業は通常、月数万円程度の月額固定料金を「福利厚生費」として支払います。利用しているのは、従業員3人ほどの企業から、5000人を超える企業まで、規模や業種も様々。オフィスだけでなく、クリニックや美容院、また商業施設や工場などにも導入されています。社食を持たない会社だけでなく、社食と併用している会社も多いと中村さん。

確かに毎日社食では飽きやすいですが、かといって仕事中にわざわざ社外のコンビニやレストラン、惣菜店に出向く時間も惜しい。とくにランチタイム、混雑するオフィス街ならなおさらでしょう。

でも、それだけではありません。中村さんによると「最近、男女ともに健康への意識が高い人が増えた影響もあるのではないか」とのこと。多くが「健康で体にやさしいものを選びたい」と考えるからこそ、オフィスおかんのように素朴なメニューを求めるのかもしれません。

■夕食用に持ち帰る社員が増加中

またオフィスおかんは、ランチタイムの「社食代わり」だけでなく、「夕食利用」にも役立っているようです。

例えば、近年増え続ける「共働き家庭」の場合。

女性従業員の中には、「早く帰宅して、家族のために調理しなければ」と考える主婦も多いはずですが……、手の込んだ惣菜を一から手作りするとなると、時間や手間がかかりすぎる。帰りにスーパーやコンビニに寄ることさえ「面倒だ」と感じる日があるでしょう。

でも「あと1品」を、社内に設置された冷蔵庫や専用ボックスから持ち帰るだけとなれば、格段にラクになる。

とくに無添加で塩分・糖分も控え目なオフィスおかんの惣菜なら、「ヘルシーではないものを買ってしまった」との罪悪感も抱きにくいはずです。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。