記事

小泉進次郎は「上」と「下」どちらの味方か? 参院選で地金があらわになる 「普通の人」の声は聞こえてますか、小泉さん。 - 常井健一

1/2

 名匠ケン・ローチの映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」は、普通の人の物語である。

 59歳の主人公ダニエルは、イギリスの草臥れた地方都市に住む腕利きの大工さん。最愛の妻を看取ると自分も心臓病にかかり、ドクターストップで失業してしまう。国の手当てに頼るため、近くの職業安定所に通い詰めるが、申請に使うパソコンがさっぱり操作できない。杓子定規の役人たちには冷たくあしらわれる。やがて身も心もボロボロになり――。

 先進国の勤勉な小市民が些細なつまずきをきっかけに困窮していく21世紀のリアルを活写した名作は、2016年にカンヌ映画祭の最高賞に輝いた。1時間40分に及ぶドラマは、まさに今の日本社会にも共通するテーマを扱っている。

「それで、誰に感情移入しましたか?」

 今年の正月休み、小泉進次郎はその悲劇を堪能したという。自身が主宰する読書会のメンバーから強く勧められたから、だそうだ。

「それで、誰に感情移入しましたか?」

 と、映画好きの私は訊いた。

「ボクはね……」


 

 ダニエルが一人暮らしするアパートの隣には、いかがわしい高級スニーカーを売りさばく半グレ風の少年が住む。職安で出会った貧しきシングルマザーは、見知らぬスーパーの店員にあっせんされるがままに場末の風俗店で働く。ダニエルをかばう人情派の役人は、鉄面皮の「ヒラメ上司」に目を付けられている。

 登場人物たちが抱える「闇」は、2000万円の貯蓄もままならない「普通の人」を取り巻く日本社会の人間模様とあまり変わらない。小泉進次郎にとっても地元の路地裏を歩いていれば、目の前に現れる日常風景だろう。

 小泉は思案顔で、終盤のこんなシーンを振り返った。

 ある日、ダニエルは「人」として扱われない境遇に苛立ち、職安の外壁にスプレーで落書きを始める。

〈オレは、ダニエル・ブレイクだ。飢える前に(不服の)申し立て日を決めろ。電話のクソなBGMを変えろ〉

「ヨレヨレ」を自分と重ね合わせたという

 大勢の通行人が大通りの向こう側から彼に喝采を送り、次々と携帯のカメラで撮影し出す。近寄ってきたヨレヨレのおじさんが「その通り! 最高だな!」と言って肩を抱く。そこに、パトカーがやってきて主人公を連行する。ヨレヨレは警官に目がけ、「Fワード」を連発する。

「偉そうな労働年金大臣も、バカな金持ち議員も、逮捕しろ! ダニエル・ブレイクには爵位を! 銅像を建てるべきだ!」

 小泉は多くの登場人物の中で「ヨレヨレ」を自分と重ね合わせたという。私は政権与党の厚生労働部会長として見上げた態度だと思ったが、少し意外だった。なぜなら、「ヨレヨレ」はこんな悪態もついていたからだ。

「おまえら警察も失業するぞ、保守党の得意な民営化でなっ」

「ピンチはチャンス」なる小泉流の努力信仰に煽られ

 小泉進次郎という政治家は、極東の島国でサッチャー的な民営化路線を突っ走った小泉純一郎の後継者であるということを忘れてはならない。

 39歳の私も属する「就職氷河期世代」の中には、いわれなき不遇を強いられた原因を「小泉構造改革」に求めようとする者は決して少なくない。小泉政権では消費増税を封印し、社会保障費の抑制に狂奔した。労働市場の規制緩和にも積極的で、若い非正規労働者が急増したところにリーマンショックが起こり、ワーキングプアが大量に生まれた。

 当時、「イラク人質事件」(2004年)をきっかけに流行った言葉が「自己責任」だ。世の中全体が「ピンチはチャンス」なる小泉流の努力信仰に煽られ、気づいた頃には「勝ち組」と「負け組」に分けられていた。運の良い者は改革と競争と自立を称賛し、適者生存の社会ダーウィニズムを謳歌した。一方、報われない者は貧困と孤独を個人で抱え込み、弱気な自分をひたすら責めた。

 実は、小泉も氷河期世代である。自分が通った高校や大学の同級生の中には、不安定雇用と低賃金が続き、貯蓄もままならない友人がたくさんいるはずだ。順風満帆に見えるエリート正社員でも、長時間労働に耐え忍ぶうちに、体か、心か、あるいは家族関係に「爆弾」を抱えている。

地元・横須賀市の人口減少は全国ワースト

 私が小泉と映画談義をした場所は、彼の地元・神奈川県横須賀市だった。明治時代から4代も続いてきた「小泉王国」に広がる風景は、ダニエル・ブレイクが暮らす世界そのものである。

 近年、大工場の撤退が相次ぎ、高齢化や都心回帰が人口流出に追い打ちをかけた。太平洋を望む住宅地には空き家が並び、駅前の商店街にはシャッターが目立つ。横須賀市の人口減少は全国ワースト(2013年1位、2015年2位、2016年8位)。住宅地の地価下落ランキングを見れば、東京圏のワースト10のうち、8か、9が「王国」の中に位置するような惨状だ。

 日本一疲弊した地方都市から国政に送り込まれたピカピカのプリンスは、今回の参院選でも全国を駆け回り、自民党候補者の応援に注力するという。しかも、演説のメインテーマを「老後2000万円問題」にするそうだ。

 令和元年のこんにち、多くの有権者が気にしているのは、憲法や外交、原発をめぐる「右」か「左」かという議論よりも、暮らしに直結するゼニカネの話である。今回の争点となるべくは、「消費税10%時代」に各候補者が社会の「上」か「下」か、どちらを向いて政治をするかという問題だと思う。

 だが、生活水準というものは千差万別で、「一億総中流」の時代はすでに終わっている。万人に通じる「普通」や「当たり前」を見出すことはとても難しい。ネット上では「2000万円」を巡り、同じ国民が敵と味方に分かれて感情的な言葉の応酬が繰り返されている。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  8. 8

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  9. 9

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  10. 10

    水道民営化=値上げ?誤解誘う投稿

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。