記事

「過疎」の代替語検討に批判の声「実態は変わらない」「現実隠してるだけ」


 総務省は2日、有識者懇談会を開き、「過疎」の代替語を検討することが明らかになった。来年3月までに提言をまとめるという。

 共同通信によると、豊かな自然など“都市”とは異なる特性に魅力を感じる人は増加傾向にあり、マイナスイメージがある「過疎」は実態に合わないというのが理由だということだ。


 今年4月、第5回経済財政諮問会議で就職氷河期世代を「人生再設計第一世代」と位置付けて支援する方針が示されると、SNSでは「再設計?バカにしてる?懸命に頑張ってきた人たちに」「そんな名称つけられても失った20年は返ってこない」「呼び名は色々あるけど『新人類』とか『ゆとり世代』よりイヤだ」と厳しい声があがっていた。


 今回の「過疎」の言い換えについても、「言葉を変えたって実態は変わらない」「現実を覆い隠してるだけ」などと批判の声があがっているが、慶応大学特任准教授などを務めるプロデューサーの若新雄純氏は、「言い換えを議論すること自体は悪いとは思わないが、『自然豊か』云々はズレてしまっている。それは訪れる場所としての魅力で、『過疎』が指しているのは住む場所としての言葉。問題は住民が減ることで税収が減り、公共サービスが行き届かなくなって、生活インフラが維持できなくなること。公共サービスの質が変わってしまうことをどう考えるかが大事」と指摘する。

 若新氏は、福井県鯖江市のまちづくりプロジェクト「鯖江市役所JK課」などを企画しているが、「僕は移住事業の時に『余白』『余地』という言葉をよく使っていた。人が減っていくことを『悪い』と捉えるのではなく、別のものを新しく作る『のりしろ』と解釈することはできると思う」と意見を述べた。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎【映像】閉店間際のお店に入る?入らない? ネットで議論に

あわせて読みたい

「総務省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  4. 4

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  5. 5

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  7. 7

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    ヤフーLINE統合 Pay事業続けるか

    AbemaTIMES

  9. 9

    スタバのモバイル注文は「残念」

    内藤忍

  10. 10

    自民議員 習氏の国賓来日に異議

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。