記事

高島忠夫さん、長男・政宏だけに自宅の一部を生前贈与の背景

高島忠夫さん、兄・政宏、妻の寿美花代(1988年、写真/共同通信社)

挙式した高島忠夫さん、寿美花代(1963年2月、写真/共同通信社)

高嶋政伸は兄への生前贈与を知っていたのか

政宏は遺産を巡るトラブルを想定していたか

「父は最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだった(スペイン人歌手の)フリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました」

【発掘写真】イケメンと美女のカップル!挙式での高島忠夫さんと寿美花代(1963年)

 老衰のため6月26日に亡くなった高島忠夫さん(享年88)について、息子で高島兄弟の弟である高嶋政伸(52才)は努めて明るくこう語った。仕事先で訃報を知ったという兄の高嶋政宏(53才)も、「母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです」とコメントした。

 父の死を前向きに受け止めようとする兄弟だが、彼らはこの先、親が亡くなったあとにもたらされる、ある問題に直面することになる。それは、「相続」にほかならない――。

 1952年に映画『恋の応援団長』でデビューした忠夫さんは「歌うスター」として人気を博し、1963年に宝塚トップスターだった寿美花代(87才)と結婚。1965年に政宏、1966年に政伸が誕生した。

 その後、高島ファミリーは芸能界きっての仲よし家族として知られるようになり、右手の親指を突き立てる「イェーイ」のポーズが一家のトレードマークとなった。

 だが1998年に忠夫さんがうつ病を患うと生活が激変。2003年に芸能界復帰を果たした後もパーキンソン病や不整脈で心臓にペースメーカーを取りつけるなどの闘病が続いた。

 2013年に放送されたドキュメンタリー番組では、やせ細った忠夫さんが会話中に眠り込むなど生々しい姿をさらけ出し、大きな反響を呼んだ。

「80才を過ぎてから忠夫さんは入退院を繰り返し、寿美さんが介護をしていました。いわゆる老老介護の状態です。寿美さん自身も年を取って衰えを実感するなかでも忠夫さんを施設に預けず、ホームヘルパー3人との協力体制で介護を続けてきました。政宏さんと政伸さんも時間をみては家族を連れて父親を訪ねていました」(高島家を知る関係者)

 忠夫さんの容体が急変したのは、ここ1~2か月のことだったという。

「最後の1か月は意識が朦朧としていて会話ができる状態ではなかったようです。ただ気になるのは、その直前の5月中旬、高島家の自宅豪邸の一部を兄の政宏さんだけに生前贈与していたことです」(前出・高島家の関係者)

◆勝手に土地を売らないように

 東京・世田谷区の高級住宅街、約730平方メートルという広大な土地に高島邸は建っている。

「政宏さん、政伸さんが小さい頃に隣の土地も追加で購入し、今の広さになった。敷地内には戸建てが2棟建っています。以来、忠夫さんと寿美さんの共同名義で所有してきたのですが、今回、この土地の約200分の1の権利を政宏さんに贈与して、所有権者が政宏さんに変わりました」(前出・高島家の関係者)

 近隣の不動産業者によると、「土地の価格だけで2億~3億円」というから、200分の1の権利だと、100万~150万円ほどとなる。生前贈与のルールでは、年間110万円までは非課税なので、税金がかからない範囲で贈与を行ったのだろう。

 それでも気になるのが、「なぜ兄の政宏だけが権利を取得したのか」ということだ。事情に詳しい不動産関係者はこう語る。

「考えられるのは、『不動産の管理の強化』でしょう。ほんの一部でも所有しておけば、自分の許可なしに土地が売却できないように制約をかけることができます。

 高島家の場合、土地のすべての権利を寿美さんが相続したとすると、寿美さんの一存で売却可能ですが、政宏さんが一部でも共同所有していれば、そうはいかない。寿美さんが誰かに言いくるめられて土地を売却しそうになった場合にも、それにストップをかけることができます。

 たとえば、兄はその土地で母と同居するつもりなのに、弟は土地を売って現金で相続したい。兄のいないところで母をうまく説得して弟が土地を売ろうとしても、ほんの一部でも兄の持ち分になっていれば、そう簡単に売れないわけです。

 一般的にも、長男は親の自宅に住むことを主張し、次男は自宅売却して現金を分配してほしいと主張して、対立するケースは少なくない」

 高島家は兄弟が揉めないように、相続に関しては忠夫さんと話し合ってきたという。

「政宏さんの現在の住まいは忠夫さんが所有する億ションです。実家から車で20~30分ほどの距離ですが長年住んでいますし、政宏さんが相続するものと聞いています。

 一方の政伸さんは妻と1才の子供と賃貸暮らし。その代わりに高島家の個人会社を継ぐ形になったと聞きました。あとは現金や実家をその時々に応じて話し合って分け合おうということになっていたはずで、揉める要素はないはずですが…」(芸能関係者)

◆介護方針でギクシャク

 仲よし家族で知られてきた高島ファミリー。芸能界デビューは政宏が1987年、政伸がその翌年だった。

 私生活では政宏が2005年に女優のシルビア・グラブ(44才)と結婚すると、政伸は2008年にモデルの美元(みをん・40才)と結婚。だが政伸は泥沼裁判の末2012年に離婚し、2015年に14才年下の女医と再婚し、2017年には第1子が生まれた。忠夫さんは初孫誕生を喜んだというが、ファミリーの“すれ違い”は、この頃から進んでいた。

 一時はファミリーコンサートを定期開催するほどの仲よし家族として知られたが、2013年頃を境に兄弟の共演は途絶えた。今年5月には『女性自身』で、兄弟の意見が介護問題で食い違っていると報じられた。兄弟の確執が囁かれる中で生じた“贈与問題”――。

「今後、寿美さんがどこで生活を送っていくかというのがポイントでしょう。政宏さんの奥さんは女優として舞台が忙しいですし、政伸さんの奥さんは医師の仕事と子育てで忙しい。どちらかといえば政宏さん夫妻が介護を主導していくのだと思います」(高島家の知人)

 政宏と政伸は、今後の母の介護の方針を巡って意見の相違があったのかもしれないと、知人が続ける。

「たとえば、政宏さんは、母が50年以上慣れ親しんだ自宅で面倒を見てあげたいと考えている。一方で政伸さんは、老朽化した自宅よりも、家を売って、高齢者施設で安全安心に暮らしてほしいと思っている、という齟齬があったのかもしれません。

 そう考えると、忠夫さんの容体が悪化した後、政宏さんが土地の一部権利を取得していたことの説明ができます。相続人の兄弟がいるのに、兄だけが権利を持つのはフェアではない。政伸さんはこの土地の生前贈与を知らない可能性もあるでしょう」

 忠夫さんは天国で親指を突き立てて、「イェーイ」とはいかないかもしれない。

※女性セブン2019年7月18日号

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  7. 7

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  8. 8

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  9. 9

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  10. 10

    安易な「独裁」批判に潜む落し穴

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。