記事

金融緩和が来る

近く欧米で金融緩和が発表されると思います。

具体的には、これまで政策金利を1%に維持してきた欧州中央銀行(ECB)が久しぶりに政策金利を切り下げる可能性が出てきました。

その理由は、先週、ドイツが「これまで以上のインフレを容認する」と宣言したからです。

ドイツがインフレを容認するのであれば、利下げ余地はそれだけ拡大します。

さらにドイツではパワフルな鉄鋼・自動車・エレクトロニクス労組との賃上げ交渉が始まっていますが、今回は歴史的な低い失業率を背景に、賃金の上昇が容認される可能性もあります。

ドイツにおける賃上げは南欧諸国との、輸出競争力格差是正の意味合いが込められています。

さらに必要に応じてLTRO3(三年物流動性供給オペ第三弾)も発表されるかも知れません。

一方、米国でのQE3(追加的量的緩和政策第三弾)が実施されるかどうかは微妙なところですが、若しやるのなら、6月中までに実施されるでしょう。

通常、FRBの金融政策は夏休みのジャクソンホールでのオフサイトで練られる場合が多いのですが、今年は大統領選挙を控えているので、夏以降のタイミングで一層の緩和を発表すると、FRBの中立性が疑われてしまうからです。

欧州や米国に於ける金融緩和の必要性がここへきて急に切迫感を持ち始めた理由は、中国の成長エンジンがどうもおかしくなってきたことにもよります。

緩和はすなわち、ユーロ安、ドル安を意味するわけですから、円安は期待しにくいと思います。

欧州で金融緩和が発表されれば、欧州株式は「買い」になります。スペインIBEX35指数、イタリアMIB指数などが最もトレーディングに適していると思います。フランスCAC40指数、ドイツDAX指数もトレードするチャンスがあると思います。

あわせて読みたい

「ユーロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  6. 6

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  7. 7

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  10. 10

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。