記事

【読書感想】読みたいことを、書けばいい。

1/2


読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術
作者:田中泰延
出版社/メーカー: ダイヤモンド社
発売日:2019/06/13
メディア: 単行本(ソフトカバー)
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。


読みたいことを、書けばいい。
作者:田中泰延
出版社/メーカー:ダイヤモンド社
発売日:2019/06/13
メディア:Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
⬛︎⬛︎⬛︎発売5日で大増刷決定⬛︎⬛︎⬛︎

「バズる記事を書きたい」
「ターゲットに刺さる文章を書きたい」
「自分の思いを読んでほしい」

そんな「技術」を学ぼうとする人は、
出発点から間違っている。
もっとシンプルに、
あなたが読みたいことを、
あなたに向けて書けばいいのだ。

事実の中に、あなただけの発見を見出し、
調べて、自分に向けて書く。
その結果、あなたは誰かとつながり、
人生が変わる。

電通コピーライターとして24年、
自分が読みたいものを書くために
退職して「青年失業家」へ。

Web記事500万PV超、
Twitterフォロワー46000人超。
多くの支持を得るwebライター初の著書。

書くことは、たった1人のベンチャー起業。

「自分が読みたいものを書く」ことで、
実際に「現実が変わる」のだ。
そんな話を始めたい。

全く新しい文章講義、開講です。


 著者は「はじめに」で、こう書いています。

「問題解決」のための文章や「目的達成」のための文章は、たしかにある。それは試験の小論文に合格するためだったり、会社の仕事で取引先にものを買わせるためのものだったりする。そこにはテクニックが役に立つこともあるだろう。

 しかし、小論文に合格したり、上期の予算を達成したからといって、あなたはいま、めちゃくちゃ幸せになっているだろうか。めちゃくちゃ幸せですよ、と言う人は、この本を最後まで読んでめちゃくちゃ反論してほしい。いずれにせよ購入することが大切だ。

 本書では、「自分が読みやいことを書く」ことで「自分が楽しくなる」ということを伝えたい。いや、伝わらなくてもいい。すでにそれを書いて読む自分が楽しいのだから。

 自分がおもしろくもない文章を、他人が読んでおもしろいわけがない。だから、自分が読みたいものを書く。

 それが「読者としての文章術」だ。


 この本を読み終えて、あらためて考えてみると、自分が文章を書く上で役に立つテクニックは、何一つ思い出せないのです。
 しかしながら、この本は「面白い」んですよね。
 「役に立つ」ことを求める人にはおすすめできないのですが、「書くこと」について、面白くて気軽に読める文章に触れたい人には、読んでみていただきたい本なのです。

 ただし、著者は「自分が楽しくなる」というのは、気分の問題ではなくて、書くことによって実際に「現実が変わる」とも述べています。
 それは、「人気ブログになって、アフィリエイトで大儲け」みたいな「変化」ではないのですが。

あわせて読みたい

「文章術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。