記事

(日本人)橘玲


人気作家の橘玲氏の新作である。現在、この書評を書いている時点でAmazon順位が7位と相当に売れているようだ。内容は非常に広範な学術研究やさまざまな書籍の内容を、橘氏が再構成したものである。400ページ近いハードカバーで、かなり重厚な作りだけど、分かりやすくリズミカルな文体なので簡単に最後まで読みきれるだろう。

3・11東日本大震災では、肉親を亡くしても、避難所でお互いに支えあい、いたわり合っていたうつくしい日本人は世界を感動させた。一方で政治家や官僚や東電のような大企業の幹部は責任を逃れ、利権をあさり、権力にしがみついていた。そこにはいつもの醜い日本人がいた。日本の被災者は世界を感動させ、日本の政治は国民を絶望させたのだ。

このいつもの構図は、日本人という国民性から導き出される当然の帰結というのが、本書の主張である。そして本書は、そういった日本人固有の国民性と信じられているものの多くは、それほど固有ではなく、ある部分では農村社会に普遍的に見られる性質であり、またある部分では世界共通のものである、ということを膨大な過去の文献から整理している。

例えば、「恥」「和」「表と裏」など、日本人的と思われているものは、タイなどの東南アジアの水田を中心とする農村社会が長らく続いた国では普遍的に見られる。原始的な農村社会では、村のコミュニティーに所属できないと死ぬしかないので、意見を対立させて白黒はっきりさせる、というようなことはできないのだ。だから、何事も全員一致で、利害が対立することは有耶無耶にして先延ばしにして、責任の所在がどこにもないような仕組みにしないといけない。

狩猟採集が中心の社会だったら、群れのリーダーの方針に不服だったら議論を戦わせ、折り合わなければ、少数の仲間といっしょに群れを去る、ということも可能だ。日本企業がタイなどの東南アジアの国々へ割とうまく進出しているのに、ものごとをはっきりさせる契約社会の欧米企業はこういうベタベタの文化の国では苦戦している。

本書には、グローバル・ルールとローカル・ルールの衝突としての反グローバリズム運動、福祉国家の破綻、ハシズムとネオリベ、袋小路にハマった日本の解雇規制、評判経済、文明の発祥と温帯ベルト、民主党のマニフェストが失敗した理由、など、人文科学や最近の日本社会の面白い話題が満載である。

週末にでも読むと楽しい、古くも新しい「日本人論」である。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  4. 4

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  7. 7

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  8. 8

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    気まずい…Uber Eats配達員の悲哀 ピンポンしたら「うちは頼んでませんよ!?」

    キャリコネニュース

    09月19日 11:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。