記事

多様化する補聴器、イヤホンと誤認し「外せ」と注意も…難聴当事者の思いは

2/2

 「例えば健常者の皆さんは"竹下さん"という言葉についてTもSもKも聞き分けられるから"たけしたさん"だと分かる。しかし感音性難聴の場合、口元にハンカチを押し当てた状態で話しているような、ひずんでくぐもった声に聞こえると想像すればいい。"パパ"と"ママ"の場合も我々は聞き間違うはずがないと考えるが、特に赤ちゃんや幼児の場合、二泊の音としては聞き取れていても、PかMなのか聞き分けられない。最新の補聴器は感音性の方が聴力を落としている高い周波数を補うことで、このT、S、Kなど高い音韻を含んだ言葉を聞き取れるようにしている。このフィッティングが補聴器では重要で、そのための専門家も養成されてきている」。


 その上で大沼氏は「補聴器もイヤホンも多様化し、外見上も近づいているので、誰もが間違ってしまうと思う。ただ、補聴器は補聴器らしく、イヤホンはイヤホンらしくということではないのは、社会としてはいいことだ。昔から考えれば、"補聴器を付けているのかどうか分からない"というのは技術が進歩しているからだし、そうした誤解をきっかけに皆さんの知識が増えていく、過渡期なんだと思う。当事者が自身のことを説明する力を付けていくと同時に、人々が難聴、補聴器ついての知識を豊かにしていく。時間はかかるが、そういう過程を辿らざるを得ない」と訴えた。

■先天性感音難聴の男性「皆さんの理解が深まっていけば」


 先天性感音難聴があり、2歳半から補聴器を使用している原弘幸さんは「話し声はラジオの周波数が合っていないときのようなイメージで聞こえる。補聴器を付けていなければ怖くて出歩けない。目に入るものしか情報がなく、本当に無音の状態。後ろから車や自転車の音、人が歩いてくる音も聞こえない」と話す。嫌だった体験としては、コンビニで店員さんの声が聞き取れなかったので"なになに?"と耳を向けたら、"そのイヤホン外して"と言われた。補聴器だということを知らないという感じだった。健常者に近付こうと、言葉も喋り方も一生懸命に勉強するが、かえってそれがバリアになっている面もある」と話す。


 前出の通り、最近では補聴器の多機能化が進んでおり、原さんが使用しているモデルもiPhoneとBluetoothで連動、電話や音楽の音声を聴くこともできるという。「防水性がそんなに高くないのでお風呂やプールでも外すが、災害時に気づけるよう寝る時は外さない方がいい。ただ、付けっぱなしでは脳が疲れて耳も痛くなるので、私は外している。また、電池は3日ごと交換、半年から年に一回くらい、聞こえ方に合わせるフィッティングに行く。耐用年数はだいたい5年と言われているので、そのくらいで交換している私の補聴器は両耳で60万円くらい。障害者手帳の等級によって補助を頂ける。昔の補聴器はタバコの箱のようなボックス型で、小学生の頃はそれを服の中に入れていたので、音が綺麗に入ってこなかった。その状況で言語獲得をしなければならなかったので、今のようには喋れなかった。最近では小さく、高性能になってきていて、特にこの5年ほどで想像できないくらい機能が進化していて、ノイズカットや声だけを拾うようになっている」。


 最後に原さんは「補聴器に対して皆さんの理解が深まっていけば嬉しいなと思う。さらにろう者の側も、補聴器を使うことで社会とのコミュニケーションが深くなっていけば嬉しいなと思う」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

あわせて読みたい

「障害・難病問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  4. 4

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  5. 5

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  6. 6

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  7. 7

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  10. 10

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。