記事

白石和彌監督、映画『凪待ち』を語る ~野村雅夫のラジオな日々vol.32

1/2

現在、大阪のFM802を中心に、ラジオDJや翻訳家などさまざまな領域で活躍する野村雅夫さん。この連載は、野村さんのラジオというメディアでDJをすることの醍醐味や、ラジオで出会ったアーティストとのエピソードを披露してもらう。今回は、映画『凪待ち』が公開となった白石和彌監督だ。

地面を這いつくばっているような人たちにこそ愛情を持てる

2013年に『凶悪』を劇場で観てからの道すがら、見慣れた街の景色が違って見えた。何度か立ち止まって呆然としてしまった。強烈な映画体験というのは、それほどに心身に影響を及ぼす。ありがたいことに、その後ほとんどの作品で白石監督にインタビューする機会に恵まれ、毎度毎度、フレッシュなアイデアを盛り込む手腕に恐れ入ってきた。Ciao Amici!が始まってからまだ1年と3ヵ月しか経っていないのに、『孤狼の血』『麻雀放浪記2020』に続いて、なんと3度目の登場。しかも、ジャンルは重なっていない。そのほとばしるエネルギーと多彩で深いイマジネーションに、改めてシャッポを脱ぐことになった。

今回のお題は6月28日公開となった『凪待ち』。まずはあらすじを公式サイトから転載する。

「毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう――。ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。そのあと、亜弓は何者かに殺害された。恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。次々と襲い掛かる絶望な状況から、郁男は次第に自暴自棄になっていく――」

主演は香取慎吾。恋人の亜弓を西田尚美、亜弓の娘の美波を恒松祐里が演じる他、リリー・フランキーや音尾琢真、吉澤健、麿赤兒などが出演している。脚本は『クライマーズハイ』の加藤正人。

映画ポスターのキャッチコピーに「誰が殺したのか? なぜ殺したのか?」という言葉が踊るように、サスペンス要素はあるのだが、僕は観ていて、犯人探しよりも何よりも、この後主人公の郁男がどうなるのか、この男に希望は訪れるのかというところに関心が向かった。ギャンブルで勝つか負けるか、誰が白で誰が黒かということよりも、郁男に覆いかぶさる鈍色の空に陽は差すのか。僕はそんな人間ドラマとして鑑賞したのだが、ここからは監督との対話をお楽しみいただく。

――FM802から白石組の野村雅夫がお送りしているCiao Amici!

フフ

――今日はこの方をゲストに迎えました。

『凪待ち』監督の白石和彌です。

――監督、チャオ! よろしくお願いします。

チャオ!

――そんな久しぶりでもございません。ということを毎回言ってる気がします。映画監督としての出演頻度がダントツに高いです。

ハハハ!

――ラジオで何度も言っていることですが、映画監督としては若手の部類に入るとは思うんですが、やがては日本映画を背負って立つ方だと僕は思っていますので、今のうちにゴマをすって「白石組」と言っているわけです。今回は6月28日公開の映画『凪待ち』についてうかがっていきます。まずキャスティングからまいりましょう。香取慎吾さんが主演。驚かされました。「新しい地図」としての活動で文字通り新しいことに取り組んでらっしゃることは把握しています。今までのイメージとは違うことにもトライしていらっしゃる。ただ、これまで演じてこられた中でも特異な役ですよね。わかりやすいところで言えば、服装が汚れていたり、性格も竹を割ったような人ではないぞって感じ。香取さんの抜擢は、監督が望まれたことなんですか?

そうです。香取さんがグループをやっている時から、あの身体の大きさがまずあって、エンターテイナーで、陰か陽で言えば陽性なイメージはあるんですけど、絵を描いたりもされていて、実は孤独と向き合っている人なんじゃないかなと思っていたんですね。だとしたら、陽のイメージだからこそ、陰の部分も人よりも持っているんじゃないかと感じていました。もしお仕事をする機会があったらと、チャンスを狙っていたんです。

――人間は振り子だなんて言ったりもしますが、陽が明るければ明るいほど、その分、影もあるんじゃないかってことですね。

おっしゃる通り。

――別に影ってのは悪い意味ではなくね。

そうです。

――内にこもって何かを深く考えたりされることもあるんじゃなかろうか。今回はそこにスポットを当ててみるという、映画界では初の試みかもしれませんね。

かもしれないですね。そうだと思います。

――プロダクションノートを読んでいて驚いたんです。香取さんは他の役者さんとは違って、その場その場でシーンごとにセリフを覚えるっていうスタイルだったようですね。

セリフがそんなに多くないってのもあったんですけど、本人が言っていたのは、一回ホンを読んだらその印象を大事にして、あとは現場に入ってきたら、美術だとか何がどこにあるかとか、対応する俳優さんがどういう芝居をするかとか、僕が何をやってほしいかとか、全部飲み込んで本番にアジャストしたいっていう気持ちが強いと。

――よくこういう映画のインタビューをしている時に、役者さんなんかいらっしゃると、「役作りで苦労された点は?」なんて定番の質問がありますよね。その役作りって、だいたいはご本人が脚本を読み込んで、役のイメージを固めて現場に臨むっていう方が多いと思うんです。その上での苦労話じゃないですか、あれって。香取さんは、少なくとも今回の場合は……

真逆なんです。

――たとえば番組に出ていただいたことのある是枝裕和監督なら、あの方の演出の作法として、特に子役さんなんかには脚本は事前に渡さないで、その場でセリフを口で伝えて現場を進めていくという。ただ、それって順撮りだったらできると思うんですよ。物語の進行に従って順番通りに撮っていくから、役者が身体で映画の流れを掴んでいく。『凪待ち』は順撮りではないですよね?

全然順撮りではないです。

――結構こんがらがりそうだなって。

ほんとですよ。

――そういう意味で、香取さんは適応力が凄まじいですね。

凄まじいと思います。現場に来て、「おはようございます」って言って、「このシーンって、この流れでしたっけ?」って僕に確認するんです。そしたら僕が「この前はこうなってて、その後こうなって、今ここです。だから、こんな感情です」と伝えると、「わかりました」って言って、僕が思ってる斜め上を出してくるんですよ。だんだんそれが楽しくなってきて、「あれ? このシーンとこのシーンは入れ替えたほうが良くない?」なんてことが現場で起こるわけですよ。すると、ガチガチに固めて来ている人だと、「あ、ちょっと待ってください。それって、でも、どうなんですか?」みたいなことが始まるんだけど、香取さんの場合は「入れ替えようと思います」って僕が言ったら、「わかりました。じゃあ、ここはこうなればいいんですね?」と返してくれるから、「その通りです」と答えたら、またすぐに演技が出てくるっていう。正直なところ、僕は本当に衝撃を受けました。

――これまで有名な役者さんもたくさん演出してきた白石監督にとっても、初めてのタイプだったわけですね?

初めてです。

あわせて読みたい

「白石和彌」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  2. 2

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  3. 3

    陸上スーパー女子高生なぜ消える

    PRESIDENT Online

  4. 4

    007起用の黒人女性めぐる勘違い

    諌山裕

  5. 5

    日韓問題に米「出来る事はする」

    ロイター

  6. 6

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏は国会で討論すべき

    早川忠孝

  8. 8

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  9. 9

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 007はやはり白人男性

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。