記事

最高裁の判例提供が当事者名を実名にしている例

FBにおける岡口判事の投稿で知ったのだが、あの原口アヤ子さんの夫に関する大崎事件再審請求特別抗告審の決定文では、別の再審請求人で被抗告人でもある原口さんの氏名を実名で記している。その他の氏名は再審請求対象の亡くなった元被告人も含めて、すべて仮名処理しているのに、なぜアヤ子さんだけ実名なのだろうか?


PDF決定全文

もちろんアヤ子さんは実名を公表して活動し、弁護人もそのようにしている。しかしそのような事情を考慮して訴訟関係人の一部を実名で記載することは、これまでなかったように思う。

そしてアヤ子さん自身の再審請求特別抗告審の決定文では、原口アヤ子という名前は出てこず、請求人と記されている。

なにか特別なルールが有るのであろうか?

なお、一般に公開される判決文等について仮名処理することは妥当なものだと思うが、いわゆる公人についても機械的に仮名処理するのは、当該文書の存在価値を損なうもので賛成はできない。その仕分けはやり始めると微妙なものになって公開作業が大変になるとは思うが、仕方のないことである。

また、再審請求人とか被告人の場合も、無罪判決を獲得したときには、その氏名を公表するというのが被告人自身の希望である限りそうすべきである。最低限の名誉回復措置である。

そしてその基準からすると、再審請求を棄却する自判決定はもちろん、関係人に過ぎない人の実名をそのまま載せる理由は思い当たらないのだが。

あわせて読みたい

「殺人事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    お台場水質汚染 背景に汚水放流

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  10. 10

    常磐道あおり運転 容疑者を逮捕

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。