記事

母との関係

 今日は、わたしと母との関係について記事を書かせていただこうと思います。

 2018年7月9日にアップしたブログの記事、「いま家族としてお願いしたいこと――死刑執行後の一連の動きと報道をめぐって」に、母との関係を問うコメントをいただいていました。

 お答えしようと思いながらも、父が逝ったことによる喪失感や心の傷などからずっと書けずにおりました。遅くなりましたが、お返事を書かせていただきます。


 まずは、いくつもいただいたコメントの内、一つわかりやすいものを抜粋させていただきます。

「──ご家族でアレフに関わりを持ち続けている方もいますよね?
  以前、朝日新聞記者との対談で以下のように御答えになっていますよね。
『私がもう、母たちと関わっていないので(略)』

 このように仰っていた麗華さんがなぜ今はアレフと関わりが強く息子を代表にしたがっているお母様にお父様の遺骨が渡るように主張されているのですか?

  お母様に渡る=アレフに渡り、神格化され利用されるとお思いになりませんか?

 今はアレフに対して何かしらの繋がりがあり、シンパシーを感じていらっしゃるという事でしょうか?

 以前の本を出版された頃のコメントとあまりにもかけ離れた行動をされているので、質問させて頂きました。」

 いただいたコメントに直接お返事させていただくと次のようになります。第1に、「今はアレフと関わりが強く息子を代表にしたがっているお母様にお父様の遺骨がわたるように主張している」ことはありません。第2に「今はアレフに対して何かしらのつながりがあり、シンパシーを感じて」いることはありません。

 わたしは現在もAlephと裁判で争っており、Alephが行った事実の改変等によって提出された「証拠」や、また、虚偽の事実を記載した陳述書に苦しめられています。このようなAlephとの関係からも、現在私がアレフに遺骨がわたることやアレフに対しシンパシーを感じることなどあるはずがありません。むしろ、Alephから被害を受けた当事者として、今後も不条理に対し闘っていかねばならないと考えておりますし、解散してほしいと思っています。これが現在の率直な気持ちです。


 これまでにもご説明させていただいておりますが、2018年7月に父が亡くなるまで、わたしは母と連絡を取ることもできませんでした。電話をしても、直接訪ねても、反応がまるでない状態でした。

 一方で、『止まった時計』を書いて以降も、裁判資料などから、母がいかにわたしを道具として利用していたのかが次々と明らかになりました。わたしの言葉が一言一句に至るまで創作され、わたしからの伝言として人に伝えられたケースまでありました。
 もう二度と、母と会うことはないのだろう。そう思っていたわたしが母と再会したのは、父が亡くなったあとのことです。

 細かい経緯は省きますが、父のためにずっと闘ってきたからでしょうか。父が亡くなった後、わたしや姉の宇未は父と会えずにいました。そんな中、父の弁護人が母と話をしてくださったようで、わたしは姉の宇未や上の弟だけでなく、母と下の弟とも一緒に東京拘置所に行くことになりました。

 今まで無視していた母がわたしたちとの関係をどのように考えていたのかはわかりませんが、母は家族全員で父を悼みたいという意思を示してくれており、肉親を亡くした遺族として、教団など関係なく、ただ家族だけで静かに父を悼むのだと、わたしはそう理解しました。

 ただ、今思うと、父との対面をかたくなに拒否する東京拘置所に対し、松井武先生が東京拘置所と粘り強く折衝を続けてくださらなかったら、家族は父との対面を果たせなかったのではないかと感じております。10年以上父と家族や弁護人を面会させず、父を人目に触れさせなかったことからもわかりますが、拘置所は父を人目に触れさせたがっていませんでした。

 松井先生が多くの時間をかけ交渉を続けてくださったことで、東京拘置所は子どものだけの面会を許可することはできないが、母が同行したら父との対面を許可するという条件をようやく出してきたのです。

 東京拘置所の対応に法的裏付けがなかったことはここではおきますが、いずれにせよ、母と下の弟も、松井先生がいらっしゃらなければ、またわたしたちと同行しなければ、父とは対面できなかったのではないかと思っております。

 東京拘置所には父を遺体のままでは渡せない事情があったようです。家族の意見が一致していないからと、引き渡しを拒もうとしました。母とわたしたちの意見が違うはずだと、対立をあおろうとしたのです。


 そのため、わたしたち家族は考え方の違いはあるものの、父を悼むという一点について一致団結しようとしました。しかし、拘置所は家族に遺体を絶対に渡さない、自分たちの手で父を焼くという強い決意を最初から持っていたように思います。拘置所はわたしたち家族の同意がないまま父の火葬を強行してしまいました。

 ところで、わたしが以前ブログの記事として書いた、「いま家族としてお願いしたいこと――死刑執行後の一連の動きと報道をめぐって」という記事は、母も次弟にも見せています。わたしの名前で出す記事だということで、反対もされませんでした。
 そのため、わたしは、その後も父に関しては、母や弟と連絡を取り、家族としてできることをやっていくのだと思っていました。

 また、母とは、父を失った喪失感を共有できるのではないかと淡い期待も抱いていました。結局、生涯で12歳までしか父と過ごせなかったわたしは、母から父のことを聞きたかったのです。父が母から見て、どういう人だったのか。なぜ結婚したのか、結婚後のこと、教団をなぜ作ったのか、事件のことなど母からも聞きたいことはたくさんありました。

 数日しか母と顔を合わせることはできませんでしたが、その中で少しだけ父の昔話を聞けて、正直嬉しく感じました。

 亡き父と過ごせたのは本当に短い時間でしたが、それでも顔を見られてよかったです。そのことについて、母に感謝しています。母がはじめて母親らしい顔をみせてくれたとさえ感じました。

 しかし、理由は定かにわからないものの、火葬後少ししてから、母や次弟と再び連絡を取ることができなくなりました。そのため現在は母や弟の真意を確かめることができません。父を悼むということに関しても、現在、母たちがどう考えているのかもわかりません。

 上記のような状態になり、すでにかなりの日数が経っていますので、わたしは自分の思いに従って様々なことに当たっていくことにいたしました。


 わたしは家族として、娘として、ただ一人の実の父を悼みたいと考えています。

 公安調査庁が平成31年1月に発行した「内外情勢の回顧と展望」の「二男の誕生日に際し、複数の施設に370人以上を集め、『生誕祭』を開催する(3月)などして、二男の復帰に向けた機運の醸成を図ってきた」という記述が事実だとしたら、上記のいただいたコメントにあるような懸念が、現実になってしまう可能性があります。

 わたしは、Alephをはじめとしたあらゆる団体、「宗教」を騙る人たち、あるいは政治的に父を利用しようとする人たちに、父の遺骨を渡すつもりはありません。もし仮に、家族の誰かがそういう意図を持っているのであれば、明確に反対いたします。

 以上が、現在のわたしの考えです。  父は、亡くなってからもなお、東京拘置所から法律的な裏付けもなく、「出所」させてもらえない状態が続いています。


 わたしは、父にはわたしのお父さんでいてほしかった。父は全盲になっても働けるよう、鍼灸師の資格などを持っていました。鍼灸師などで働いて、オウム真理教をつくらず、家族で一緒にご飯を食べて、その日にあったことをお話しして、ときどきわがままを言っては叱られてという、そんなただの親子でいたかった。逮捕されて、生き別れたくなんかなかった。

 今からでも、わたしはお父さんに帰ってきてほしい。

 もう死んでしまったけれど、お父さんに「お帰り」「待っていたよ」と、ただただ娘として、父を静かに悼みたいです――。

あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  8. 8

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  10. 10

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。