記事

五輪チケットはBlack Box? 東京都長期ビジョンを読み解く!その70

1/2

西村健(NPO法人日本公共利益研究所代表)

【まとめ】

・五輪チケット外れた人多数。販売枚数、当選倍率等は一切不明。

・五輪理念上も疑義あり。まさにブラックボックス。

・オリ・パラの正当性高めるためにも情報公開を。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depth https://japan-indepth.jp/?p=46483 のサイトでお読みください。】

6月20日、列島をショックが襲った。東京五輪・パラリンピックチケットの抽選結果が明らかになったからだ。

「1つも駄目だとは」

「当たんなかった」

「全滅した」

「やっぱりか・・・」

「まさか1つくらいは当たるかと・・・」

と多くの国民が悲嘆にくれた。本当に多くの人が外れたようだ。当選した人はほんと(筆者の周りには)少ない。筆者も当然応募したが、当たらなかった。


「抽選申込に必要なTOKYO 2020 IDの登録数は750万を突破!」と公式Facebookには書いてあり、ある筋からの情報では「1%の当選確率」といううわさもある。これほどまで当たらないことから見て、それなりに公平性は高いと感じられることも確かであろう。

■教えてもらいたくて連絡するも・・・

みな、「しゃーない」「残念だな、次―」と思っている。しかし、納得いかない人もいる。私もそんな一人だ。

今回、

・売り出した枚数

・当選倍率

・具体的な抽選方法

など、全くもって不明である。

問題は2つ。第一に、「ブラックボックス」であること。ウェブでやっているのだから、データなどすぐ出るはずである。第二に、普通、どれくらいの枚数があります、くらいは教えてもらいたいと期待するものですよね・・・・。

そもそも設定価格にしたって、その根拠はわからない。どこにどう利益配分されているのか、見えないのだ(運営経費を賄うのだろうけど)。

なので、連絡・問い合わせをした。

結果は・・・

戦略広報局の方によりますと

「チケットに関連する情報は非公開とさせていただく」

「五輪終了後、どこかの段階で、報告する必要はあるかと思っている」

との回答をいただきました(担当の方、ありがとうございました!)。

確かに今の段階で無用な混乱を生むので、非公開という意思決定をしたことは理解できる。具体的な数字を出す余裕も時間もないだろう。スポーツマーケティングの専門家に聞くと「まさにマーケティング戦略。最初の当選率を意図的に低くして『飢餓感』を煽った発想」というのも理解はできる。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。