記事

米中は「戦略的パートナー」、ファーウェイは駆け引き材料?

1/2

Trump Calls China ‘Strategic Partner’,  Says Huawei Can Resume Purchases.

G20ヵ国・地域首脳会議が29日、無事に幕を閉じました。首脳宣言など、成果資料はこちらをご参照下さい。

議場での席順は、こちらの通りとなりました。

(出所:The White House)

安倍首相の左隣に前回議長国を務めたマクリ亜大統領、続いて、トランプ大統領、メイ英首相、エルドアン土大統領と並びました。安倍首相の右側に陣取ったのはサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン(MbS)皇太子で、その右隣にモリソン豪首相、ボルソナロ伯大統領、トルドー加首相、そしてその横に習近平主席が収まり、トゥスクEU大統領が習主席の右側に落ち着いていました。ちなみにトゥスク氏のファースト・ネームは、トランプ氏と同じくドナルドです。

メディアで話題となった、すし詰めの首脳陣の写真はこちら。安倍首相の向かって右側に習近平主席、続いてアゼベドWTO議長、モリソン豪首相、マクリ亜大統領、トルドー加首相、メルケル独首相が着席していました。安倍首相の向かって左側はトランプ米大統領、続いてユンケル欧州委員会委員長、リー・シンガポール首相、プーチン露大統領、MbS皇太子、ボルソナロ伯大統領となっています。

(出所:The White House)

今回の注目点は、何といっても米中首脳会談でしょう。既報の通り、ポイントは以下の5つです。

1)米中通商協議の再開で合意

2)約3,000億ドル相当の追加関税措置を見送り

3)華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を解除へ

4)中国は米国の農産品を大規模購入へ

5)米中は”戦略的パートナー”

一読すると、トランプ陣営がかなり譲歩したように見えます。特にトランプ大統領が米中関係を「戦略的パートナー」と表現し、2017年12月に公表された国家安全保障戦略で使用した「戦略的競争相手」から修正した点は、注目に値します。主要メディアの見出しはこちら。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。