記事

日本ラグビー界を揺るがす「コカイン」と「サンウルブズ」 - 新田日明 (スポーツライター)

日本ラグビー界にとっては大きなマイナスだ。トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツのFBイエーツ・スティーブン容疑者がコカインを所持していたとして27日、愛知県警に麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。

(Image Source/gettyimages)

チームからはSO樺島亮太容疑者に次ぐ同容疑で2人目の逮捕者となっただけに、関係者の衝撃はとてつもなく大きい。すでに2人の所属するヴェルブリッツは22日に開幕したばかりのトップリーグ2019への参加を急遽事態し、活動自体を当面見合わせるとしている。この問題はまだ広がりそうな気配も漂っており、当面の間は沈静化しそうもない。

イエーツ容疑者は樺島容疑者に対する捜査の過程で浮上したという。愛知県警はコカインの入手経路を入念に調べており、日本ラグビー界を震撼させているコカイン騒動の全貌が徐々に明らかになっていくはずだ。

ただ、今後の捜査においては名門チームを廃部危機に追い込みかねない〝決定打〟が出てくる可能性も残念ながら否定しきれない。「第3の逮捕者」だ。ヴェルブリッツのチームスタッフは不安げな表情を浮かべ、こう話す。 

「現段階で2人はコカインの所持容疑だが、使用の容疑が固められればヴェルブリッツのチームメンバー全員も有無を言わさず捜査対象になってしまうと聞いている。芋づる式で万が一、チーム内から3人目の逮捕者が出てくるなんてことになれば、その時点でチームの存続はもうアウトだろう。そんなことはないと信じたいが…」

いや、このまま逮捕者が樺島、イエーツ両容疑者の2人で終わればいいという問題ではない。今の段階でも当然のようにヴェルブリッツは計り知れないほどのイメージダウンを強いられている。2人も逮捕者が出たことでヴェルブリッツはチーム内に薬物が蔓延していると思われても仕方がないからだ。

トヨタ自動車の業績にも悪影響を及ぼす危険性もあるだろう。コンプライアンス遵守に目を光らせる上場企業としても株主対策として、このような不祥事が起これば厳しい対応を迫られるのも必然の流れだ。これらの観点を踏まえた上で、実際にトヨタ自動車の周辺からは「前代未聞の薬物逮捕者が所属選手から2人も出てしまったことでヴェルブリッツは休部もしくは廃部に追い込まれてしまうのではないか」と不安視する声も飛び交い始めている。

宮崎市内で合宿中の日本代表にはヴェルブリッツの主将を務めるNO・8姫野和樹がメンバーとして選出されている。9月20日からはW杯日本大会もいよいよ開幕するだけにカウントダウンが進んでいる中での不祥事発覚は、余りにもタイミングが悪い。

事件によって世間に「ラグビー=薬物」という悪いイメージが植えつけられ、W杯日本大会とラグビー日本代表の盛り上がりに水を差すことになってしまうとしたら極めて残念だ。

このコカイン騒動だけではない。日本ラグビー界は悲願と言い切れるW杯日本大会開幕が近づいているにもかかわらず、なぜか景気のいい話がほとんど聞こえて来ないのだ。

スーパーラグビーから除外されたサンウルブズ

特にW杯後のビジョンは極めて不透明で、とにかく暗い話題ばかり。その筆頭が日本を本拠地とするサンウルブズが直面している問題だ。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンなどの強豪チームも参戦してしのぎを削る南半球最高峰リーグ「スーパーラグビー(SR)」の主催者側からサンウルブズが2021年以降、大会への参戦を除外されることが決まったのである。

もともとサンウルブズは自国開催となる今年のW杯を見据え、日本代表のメンバーに世界の強豪との戦いを数多く経験させる目的で2016年からのSR参戦を前提に結成。しかしチームの遠征費など莫大な経費がかかるサンウルブズの存続に一部の日本ラグビー協会幹部が結成当初から余りいい顔を見せておらず、最終的には彼ら存続反対派の存在がSRの主催者側との意見の相違を招き、21年以降の継続参戦が「破談」へとつながってしまったようである。

その舞台裏について事情通は、次のように打ち明けた。

「いわゆる存続反対派の協会幹部たちの言い分としてはSRの主催者側から約10億円もの法外な巨額拠出金を要求され、自分たち協会側もさすがに首を縦に振れなくなったそうだ。しかし実際のところでは、1年近く前の昨年春から協会はSRの主催者側からサンウルブズの2021年以降の継続参戦に関し、大会の大口スポンサーの紹介で拠出金を極力抑える案などかなりライトな形の常識的な妥協案も提示されていた。

にもかかわらず堅物な協会幹部が『カネも面倒もかかるサンウルブズはどうせW杯日本大会が終われば無用の長物だから』などと裏で堂々と言い放つなど、SR側との交渉には最初から消極的でまともに話し合いをしようとしなかった。これにはSRの主催者側も『日本はサンウルブズをまったくサポートしようとしていない』と印象付け、心底呆れていたと聞いている」

SRから「NO」を突きつけられ、代替案として日本ラグビー協会が〝頼みの綱〟と考えていた策もなくなってしまった。国際統括団体ワールドラグビーが2022年からのスタートで構想していた新たな国際大会「ネーションズ選手権」が結局実現しないことになり、日本代表のメンバーたちは強豪との戦いでレベルアップを図る場を失ってしまったのである。

こんなゴタゴタ続きで日本ラグビー界は本当に大丈夫なのだろうか。日本ラグビー協会は29日に森重隆氏が新会長に就いて新体制で刷新を図った。W杯日本大会開幕まで残り3カ月を切る中、異例の新人事だが、先の見えない船出は前途多難だ。

何とか今回のコカイン騒動を乗り切ってW杯日本大会を成功に導いても、サンウルブズの行く末と日本代表の強化プランは未だ具体性が出てこない。行動力の高さに定評のある森新会長が未だ旧態依然としている日本ラグビー協会に風穴を開け、改革を進められるかが好転へのキーポイントとなりそうだ。

あわせて読みたい

「薬物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。