記事

参議院予算委員長の辞任

石井一(はじめ)参議院議員が予算委員長を辞任なさるようです。
新聞報道にあったように、石井委員長がフィリピンに海外出張に出ていくにあたって、議運の理事会に届け出をした日程より一週間ほど早く出発していたことから、昨日の議運理事会は紛糾。結果、ご本人の辞任の意向を踏まえて議運は事なきをえました。

少しわかりにくいかもしれませんから説明をいたしますと、国会の会期中に議員が自由に海外に出ることはできず、会派ごとに海外出張の届け出を議院運営委員会に申し出ることになっています。そしてそれが一週間を超える場合には、議運了承手続きを経て議長に諮り、議長から本会議に諮ることになります。

「○○君の海外渡航を許可することにご異議ございませんか」と本会議で議長が読み上げると、大体が「えー!」「そんなに長い間どこへ行くんだ」とヤジが飛びますが、議長は「ご異議ないと認めます」と宣言するのが通例です。

しかし更なる注意が必要なのは、これが議員の個人渡航だった場合、特に当該議員が常任委員長だった場合であります。原則として国会会期中の常任委員長の海外渡航は認められていないからです。

お分かりですね。今回の石井議員の海外渡航は常任委員長たる予算委員長の海外渡航であるので、例外的に議運でみとめられたものであるにも関わらず、当初の日程より長く、且つ議運の許可ではなく本会議許可の必要な一週間以上の日程で行ってしまった。

しかもそれは当初日程で延長せざるを得ない事情があった、というのではなく、事前に旅程を繰り上げて行っているのですから、不注意では済まされない。
それにベテラン議員でこうした国会のルールを知らないはずはないということに加え、去年も同じフィリピンへの海外渡航中にゴルフをやっていたことが判明して役職を辞しているというのですから、民主党のみなさんでさえかばいきれないというのが実態でした。

これから議運ではこうした「確信犯」が出ることを防止するためにも明確なルールを作るとともに、党としては「やめりゃあいいんだろ」という考え方の役職ならこちら(野党)に譲るべきだと主張していくつもりです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    お台場水質汚染 背景に汚水放流

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  10. 10

    常磐道あおり運転 容疑者を逮捕

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。