記事

なぜ起業しても思い通りに稼げないのか?


2013年に起業してから7年になり、会社の経営も安定してきました。本業以外の事業投資や、不動産投資も順調に規模を拡大しており、売上も利益も、当初の想定を大きく上回ることができました。本業では、素敵なお客様にも恵まれ、ありがたいことです。

収益が大きくなるのに反比例して、仕事にかける時間は短くなっています。時給で考えると飛躍的に効率が良くなりました。

一方で、同じ時期に起業した人でも、相変わらず自転車操業で自らがバタバタと飛び回り、何とかやりくりしている人もいます。

その違いはどこにあるのか考えてみました。

違い1.人と同じことをしているかどうか
人と同じことをしていては、競争の激しいレッドオーシャンビジネスになってしまい、収益に繋がりません。

他の人ができないサービスを提供することで差別化が可能になり、価格競争に巻き込まれることもなくなるのです。

駅前でラーメン店を素人が始めても、成功するのは難しいのと同じことです。

違い2.マーケットがズレていないかどうか
そもそもニーズの無いことをビジネスにしようとしても、マーケットが存在していないのですから、お客様を集めることはできません。

風の吹いていないところに、いくら立派な帆を張っても船は前に進みません。逆に少々ボロい船でも風さえ吹けば、進むことができます。

どこをマーケットにするかがズレていると、努力が成果に繋がらないのです。

違い3.集客方法がが間違っていないかどうか
せっかく差別化されたニーズのあるサービスを提供できても、潜在顧客に存在を知られなければお客様は集まりません。

広告なのか、口コミなのか、紹介なのか。いずれにしても、自分がターゲットとするマーケットにしっかりアプローチしないと、せっかくのサービスが宝の持ち腐れになりかねません。私は広告宣伝は基本行わず、ブログとメールマガジンを読んでファンになってくれた方にコンタクトしてもらうようにしています。メールマガジンの配信は、45000名を超えました。これには名刺交換した人など、希望していない人は含んでいません。こちらから営業するのではなく、価値を理解してもらえる人にだを潜在顧客として対象にしているのです。

そもそも仕事とは、必要とされている顧客にアプローチして、その人のニーズを満たすサービスを提供するすることで、感謝の収益を得ること、と定義することができます。

思ったように仕事がうまくいかないという人は、上記の3点のいずれかに問題があります。そんな視点から、今の自分の仕事を見直してみてください。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計22万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年6月30日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。