記事

リア・ディゾン 黒船再来なるか…活動再開に歓迎ムードの理由





《今月最大のビッグニュースすぎる》

6月28日にリア・ディゾン(32)のブログが更新。7月24日に最新ミニアルバムをリリースし、日本で本格的に音楽活動を再開すると明らかになった。これに対し、ファンからは冒頭のような歓喜の声が続々と上がっている。

リアといえば、06年にアメリカから来日。「週刊プレイボーイ」や「週刊ヤングジャンプ」といった雑誌の表紙を飾り、「グラビア界の黒船」と呼ばれるなど日本中に衝撃を与えた。さらに07年にはシングル「Softly」で歌手デビューし、「NHK紅白歌合戦」へも出場を果たした。

そんな人気絶頂期のなか、08年に開催された全国ツアーで結婚と妊娠を突如発表。そして09年に長女を出産、翌年には離婚という怒涛の20代を過ごした。

リアはブログで現在の生活についてこうつづっている。

《シングルマザーとして自立し、子育ての傍、アメリカのネバダ州立大学の発達心理学部を首席で卒業した》

離婚当時はリアに対し、“育児放棄”とのバッシングもあがっていという。しかし周囲の声に惑わされることなく学業に励み、育児も両立させていたのだ。

5月24日には《この研究室で私が学ぶのはこれが最後になりました》と、大学の研究室の様子をインスタに投稿。そして《新しい未来へ一歩進むのは時には悲しい事ですが、同時にとても興奮しています》と前向きにつづった。

様々な経験と努力を重ねて、成長したリア。そんな彼女だからこそ、活動再開にも歓迎する声があとを絶たないようだ。

ファンからは《素晴らしい経験が蓄積されたみたいですね》《リアちゃんには関心します》《何事もやり遂げることは、とても凄い事です》と称える声もあがっている。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  4. 4

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  5. 5

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  6. 6

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  7. 7

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  8. 8

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  9. 9

    「こども食堂とこども庁のあり方」むすびえ代表 湯浅誠さんと勉強会開催

    山田太郎

    12月03日 13:10

  10. 10

    岸田政権の55兆円規模の経済対策は赤字国債頼み 費用対効果を示すべき

    わたなべ美樹

    12月03日 13:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。