記事

プールカードはなぜハンコでないとダメ?と質問したらクレーマーなのか

1/2

togetter.com

このtogetterについて、話に入る前に言っておきたい。

このまとめのタイトルが「電話してみた」になっているけど(2019年6月29日17時時点)、まとめを読めばわかる通り、この保護者は学校に「電話して」などいない。「担任から電話がかかってきたし、校長から電話がかかってきたので、質問してみた」というのが正しい。

あたかも学校に積極的に電話して「ハンコでなくサインにせよ」と要求したかのように題名がつけられ、それをもとに「モンペ」などとコメントされている。事実と違うのである。まことに気の毒としか言いようがない。

もちろん学校に積極的に要求すること自体が悪いわけではないし、それ自体が「モンペ」ではない(後述する)。少なくともこの保護者(ぺたぞう)はそのようなことをしていないという事実の問題である。

さてその上で中身に入る。

ハンコでないとダメってどこかで決まってんの?

うちの娘の小学校にもプールカードはある。そしてハンコである。サインは不可であることが明記されている。

おとといもぼくはカードにハンコを押した。ハンコ押しておいたのに、食卓の上にカード忘れてプール入れないでやんの。

「ハンコ押したよ。ここに置くけど、今ここでランドセルにしまわないと絶対忘れると思うよ」と警告したけど、生返事して『にじさんじ学園!』読んでやがる。見事に忘れていった。草。

ぼくが小学生のときにはこのようなカードはなかった。

文部科学省が『水泳指導の手引』というマニュアルを作っている。

www.mext.go.jp

その第4章に「水泳指導と安全」という項目があり、保護者からの情報を集める「健康カード」の活用を推奨している。

指導者は、健康管理上注意を必要とする者に対して、医師による検査、診断によって水泳が可であること を確かめておく必要があります。このため、児童生徒の健康状態について多面的に観察することが大切です。

(1)保護者による健康情報の活用 保護者による健康情報については、問診票や健康カード等によって把握することができます。問診票は、 体温、食欲、睡眠、活動状況などから健康の状態が分かるように、具体的な調査項目を設定します。

健康カードの具体的な項目例が載せられ、そこに「保護者印」とあるではないか!

これが元凶か!

……と言いたいところだが、それは早とちり

だいたい、娘の学校はこんな詳細な質問項目を記入させないし、体温なども記入させない。入れるか入れないかと簡単な理由を聞くだけである。

つまりこのマニュアル(『手引き』)は単なる参照に過ぎないのである。

事実、いろんな学校のプールカードがネット上に転がっているが、例えば以下はある愛知県の小学校の校長名で出されているカード記入についての保護者宛の文書では、こうある。

ご面倒ですが、授業でプールに入ることが予定されている日の朝に、各家庭で検温と健康観察を行ってください。その結果、「泳ぐ」「泳がない」のいずれかに○を付け、保護者印またはサインをして担任まで提出してください。

どっちでもいいのである。

ハンコか、サインかは、本当に重要ではない要素だとわかる。

むしろ、健康状態について実質的に保護者がよく観察して子どもを送り出してくれているかどうかが学校側としては心配すべき点であり、文科省の『手引き』もうるさいようだが、そのような配慮から書かれているものである。

学校の保健関係の先生たちのサイトでは次のような座談会がある。

www.gakkohoken.jp

並木 私が学校にいた頃なので古い話ですが、初めて家庭で検温してくるようにしたところ、いちいち学校が保護者にそこまで要求するのか、要は事件事故が起こったら学校は責任を逃れたいからだろうと突き上げられた経験がありましたが、いまは協力が得られていますか。

富永 いまはそれほど極端な方はいません。検温やプールカード使うことは当たり前になっています。子どものためにやっているということで浸透しているのではないでしょうか。

並木 いまは徹底しているということですね。

富永 徹底はしています。ただ、カードを使うにあたっての課題がありまして、保護者の判断を主としているのですが、徹底しているがためにプールカードに保護者の印やサインがないとプールに入れさせていません。

そこで、児童が前日に学校に忘れてしまった場合など、連絡帳で代替したり、保護者からの電話があればまだいいですが、連絡がない場合、プールに入らせなくて後になってトラブルになる場合があります。

並木 そのようないろいろ課題もありますが、それでもおおむね保護者との連携はうまくいっているということですね。永田先生はいかがでしょうか。

永田 保護者の方は協力的ですがいろいろな考え方がおありなので、小学校のように継続してやるのは大変だと思います。中学校でのプール指導は保健体育教科の中の時間ということで限られています。

生徒が授業を欠課した場合、担任、教科担任、養護教諭で判断した場合もあります。が、保護者が欠課届けを本人に持たせる場合もあり、養護教諭がすべてに関わるわけではありません。本校では毎日検温することは行っていません。

責任逃れじゃなくて、本当に安全管理上大事だからお願いしているんだよ、というわけである。

いずれにせよ、保護者の確認の形式について、学校以外のどこかで決められた、抗い難いルールがあるというわけではないのだ。決めたのは学校のはずである。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    参院選 野党の惨敗は当たり前

    青山まさゆき

  2. 2

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  3. 3

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  4. 4

    N国党・れいわが議席獲得の予測

    AbemaTIMES

  5. 5

    前作を超えなかった「天気の子」

    諌山裕

  6. 6

    菅長官と元TBS記者にカネの疑惑

    上脇博之

  7. 7

    宮迫会見で記者は圧力に屈したか

    孝好

  8. 8

    吉本批判のハリセン春菜が面談

    NEWSポストセブン

  9. 9

    卵は一日何個まで? 論争に決着か

    文春オンライン

  10. 10

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。