記事

麻生&森元首相…高齢政治家36人に「免許、返した?」総直撃

 高齢ドライバーによる、悲惨な事故が相次ぐ昨今。本誌は、対策を講じる立場にある、75歳以上の政治家・元政治家36人に「免許証、返納した?」と直撃を試みた。

 まずは、“二大嫌われ政治家” のこの2人。「老後2000万円不足問題」で批判を浴びている(1)麻生太郎副総理兼財務相と、首相在任時は内閣不支持率8割を超えた(2)森喜朗元首相は、2人揃って、「お答えできません」と返答。もしかして、まだ持ってる?

 一方で、潔く「返納した」と明かす議員もいる。元沖縄北方相の(3)江崎鐵磨氏は、こう語る。

「若いころから、車は大好き。最初は『コロナ・マーク2』に乗っていたけど、妻と結婚してからの40年は『ボルボ』一筋。ただ、しばらく運転していなかったし、視野が狭くなったと感じて、昨年10月に返納しました」

 同じく、「昨年、返納済み」という(4)水落敏栄参院議員は、「私の友人でいちばん多い対策は、『タクシー会社との定期契約』。多少割高だが、安全のためには仕方ないという認識です」と教えてくれた。

 6月18日の関係閣僚会議では、75歳以上の高齢ドライバーに対する、「安全機能付き高齢者限定免許」の新設が決まった。だが、あくまで「取得は義務ではなく選択制」(水落議員)になるという。

 警察関係者によれば、「年齢別の免許保有者10万人あたりの事故数では、圧倒的に若者のほうが多い。しかし、死亡事故に限ると、高齢者のほうが若者よりも事故率は高くなっている」という。

 今回、返納したかどうか明言を避けたなかに、もしまだ免許を持っているセンセイ方がいれば、ぜひ率先して返納を。政治家として、国民にカッコいいところを見せていただきたい。

 次のページでは、高齢政治家36人の直撃結果を公開する。

回答拒否の森元首相

【高齢政治家36人「免許証、返納した?」直撃!】

《回答拒否》
●森喜朗(81)/元首相・東京五輪組織委員会会長
 首相時代は内閣不支持率が8割を超えた森氏。当時はそれを揶揄されて“シンキロウ内閣”と呼ばれた。組織委に免許について聞くと、「個人的なことはお答えできません」と回答した。

●麻生太郎(78)/衆院議員・副総理兼財務相
「老後2000万円不足問題」で、日本中からひんしゅくを買った麻生氏。運転免許の所持について事務所に聞くと、「お答えできません」とにべもない。

●二階俊博(80)/衆議院議員・自民党幹事長
 免許については、締切りまでに回答はなし。「朝5時に一人でタクシーに乗り出勤してきて、関係者が冷や汗をかいたこともあった」(政治部記者)。

●小泉純一郎(77)/元首相
 小泉元首相といえば、明快な物言いだが、免許所持は、「回答いたしません」(事務所)。ある意味で “純ちゃん節”。

●伊吹文明(81)/衆院議員・元衆院議長
 現職衆院議員で最高齢。事務所は、「われわれはけっこうです」と回答拒否。

●小沢一郎(77)/衆議院議員・国民民主党・総合選挙対策本部長相談役
「本件での取材はお断わりします」

●山崎正昭(77)/参議院議員・元参院議長
「多忙につき、取材はお断わりします」

●伊達忠一(80)/参議院議員・参院議長
「7月28日をもって任期満了につき、政界を引退しますので……。18年間、お世話になりました」。免許については回答せず。

●田中眞紀子(75)/元外相、長岡交通会長
「6月中は多忙につき、お答えできません」

●細川護熙(81)/元首相
「個別のことなのでお答えできません」

●村山富市(95)/元首相
「お答えしません」

《締切りまでに回答なし》
●福田康夫(82)/元首相
●額賀福志郎(75)/衆議院議員・元財務相、竹下派(平成研)元代表
●山東昭子(77)/参議院議員・麻生派(志公会)代表代行
●衛藤征士郎(78)/衆議院議員・元衆院副議長
●谷川弥一(77)/衆議院議員
●野村哲郎(75)/参議院議員
●アントニオ猪木(76)/参議院議員

《未取得》
●亀井静香(82)/元運輸相・元警視正
「もともと免許は持ってねえよ。取るチャンスがなかったから。高齢者は皆、返納したらいい。でも、田舎は困るわね。個々の良識にまかせるしかない」と亀井節を炸裂させた。

●青木幹雄(85)/元自民党参院議員会長
「もともと免許証は持っていません」

●村上正邦(86)/元自民党参院議員会長
「免許証は取得したことがありません」

●不破哲三(89)/元共産党委員長・議長
「もともと免許証は持っていません」

●野田毅(77)/衆議院議員・元建設相、元経企庁長官、元国家公安委員長
「一度も取得したことがないので、持っていません」

《失効》
●元首相/中曽根康弘(101)
 2018年に100歳となった大勲位・中曽根元首相。「昭和40年代、防衛庁長官になる前のころに更新しなかった。以来、免許証は持っていない」(事務所)という。さすがの貫禄である。

《返納》
●武部勤(78)/元自民党幹事長
 現役時は、小泉元首相の腹心中の腹心。「70歳で返納しました。対策としては、“万機公論に決すべし”」と回答した。

●山崎拓(82)/元自民党幹事長
「70歳で返納した。免許の取得更新に年齢制限を設け、法令などで定めるべき」と回答。盟友・小泉純一郎氏とは、一線を画した。

●河村建夫(76)/衆院議員・元官房長官
「すでに返納済み。私が会長を務める交通安全議員連盟でも、5月22日に総会を開催し、関係各省に対応を要請しました」。ベテランは仕事が早い。

●江崎鐵磨(75)/衆院議員・元沖縄北方相
 2017年8月に初入閣するが、体調不良で半年ほどで辞任する。「正直な人柄を慕う人は多い」(自民党中堅議員)。

●海部俊樹(88)/元首相
「84歳のときに更新せず、そのまま失効しました。年も年だし、運転する必要もなくなったので」

●神崎武法(75)元公明党代表
「2016年7月に返納しました。たとえば、地域限定免許や、自動ブレーキなどを備えた安全運転サポート車に限った運転免許制度の創設など、条件付き免許を検討していいのではないか」

●古賀誠(78)/元運輸相、元自民党幹事長
「昨年8月末に返納しました」

●高村正彦(77)/元自民党副総裁
「更新せずに返納しました」

●片山虎之助(83)/参議院議員・日本維新の会共同代表
「身分証として使っていましたが、2016年に返納しました。昨今のような事故を受け、党内で立法化を含めて検討中です」

●水落敏栄(76)/参議院議員
「2018年3月16日に返納しました。高齢者の車の運転については、多くは運転せざるを得ない環境があると推測されます」

●溝手顕正(76)/参議院議員・元国家公安委員長
「(免許はいま)持っていません。免許返納に関しては、将来的には義務化も検討する必要は感じています。しかし、とくに過疎地域といわれる場所では、通院や日常の買い物に車が必要なことも事実。免許を返納しても日常生活に支障がないように、交通弱者対策も同時に進めていく必要があると考えます」

●尾辻秀久(78)/参議院議員・元参院副議長
「6、7年前に返納しています」

※6月21日までに、議員事務所などを通じ、取材をおこなった

(週刊FLASH 2019年7月9日号)

あわせて読みたい

「運転免許」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  5. 5

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  6. 6

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  7. 7

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  8. 8

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  9. 9

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。