記事

映画『カニバ』を機に知ったパリ人肉事件・佐川一政さんの近況

1/2
『カニバ』ポスターと弟の佐川純さん(筆者撮影)

 発売中の月刊『創』(つくる)7月号は映画の特集だ。表紙は公開中の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』だ。但し独自性が売りの『創』の場合、映画特集といっても取り上げている映画のラインナップはかなり異色。メインがドキュメンタリー『主戦場』で、『新聞記者』や『長いお別れ』などはよいとして、大きく紹介しているのが佐川一政さんを描いた『カニバ』だ。

 なぜこの映画を大きく取り上げたかというと、佐川一政さんとは以前、親しくしていて、しばらく音信不通だったのだが、この映画を通して近況を知ることができたからだ。パリ人肉事件という世界中を震撼させた凶悪事件の犯人なのに、心神喪失と診断されて(実は誤診だった)市民社会に復帰したという異端の人なのだが、今回『創』に書いた彼と映画『カニバ』についての記事をここにアップしておこうと思う。

映画はプレミア上映で半数が途中退席

 7月12日から映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』が公開される。パリ人肉事件の佐川一政さんを撮ったドキュメンタリー映画で、第74回ヴェネチア映画祭でオリゾンティ部門審査員特別賞を受賞したという。

 映画は2人の外国人の映像作家が来日して撮ったもので、佐川さんのアップの表情を固定カメラで撮り続けるなど、制作者の感性が全面に表われた作品だ。私は佐川さんとは以前親しく付き合っていたから、その近況を興味深く観たが、映画館でこの映画を観る人は、好き嫌いの反応が分かれるだろう。実際、ヴェネチア映画祭のプレミア上映では、半数が途中退席したという。

 そもそも1981年に起きたパリ人肉事件自体、知らない人が多いかもしれない。パリ留学中だった佐川さんが、学校で知り合ったオランダ人女性を自分のアパートに招いて背後からカービン銃で殺害。その女性の遺体を切り取って食べた、という猟奇的な事件だった。当時は世界中を震撼させた。

 フランス警察に逮捕された佐川さんは精神鑑定を受けるのだが、あまりに常軌を逸した犯行と、フランス語がうまく通じなかったこともあって、心神喪失と判断された。不起訴になって84年に日本に送還され、精神病院として知られる松沢病院に入院する。でも、そこでは問題なしと診断されて85年8月に退院。どうやらフランスでの精神鑑定は誤診だったらしい。こうして佐川さんは何の刑罰も科せられず、市民社会に復帰したのだった。

 当時は写真週刊誌全盛時代で、佐川さんは『フォーカス』や『フライデー』の格好の餌食になる。『週刊新潮』の「気をつけろ! あの佐川君が歩いてる」という見出しが話題になった。

 そうするうちに89年に連続幼女殺害事件で逮捕された宮崎勤死刑囚が、裁判で、殺害した幼女の骨などを食べていたなどと証言して大きく報道される。そこで佐川さんに改めて注目が集まり、彼のコメントが週刊誌やワイドショーに取り上げられた。『創』が佐川さんと接点を持つのはその89年だった。佐川さんの最初の手記が載ったのは89年11月号だ。

かつて『創』に載った佐川さんの手記

「僕は誰? ここはどこ?」と題された手記で佐川さんは、週刊誌やワイドショーに翻弄されている自分を振り返り、自分のアイデンティティは何なのかと考察する。メディア批判としてもよく書けた原稿だった。自分はいったい何者なのか、というのは、その後も佐川さんが一貫して自問自答する問いで、そういう心情を彼は、90年2月号「歯車 パリ人肉事件と精神鑑定」、6月号「『彼』の場合 幼女連続殺害事件とカニバリズムの考察」と『創』に書き続けた。

 私は当時、佐川さんの書いたものを評価していたので、角川書店で当時役員だった見城徹さん(安倍首相の応援団となってしまった現在とは違い、当時は反骨・反権威の編集者だった)に、佐川さんの著書刊行を持ちかけた。

 佐川さんはパリでの事件後、犯行の一部始終を記録し、彼が送還される前の84年に日本で『霧の中』として話の特集から出版され、ベストセラーになっていた。でも佐川さん本人はまだ完成していない原稿を勝手に出版されてしまったと怒っていた。自分の事件について改めてきちんとした作品にしたいという希望を持っていたのだった。

 それが結実したのが90年に角川書店から出版された『サンテ』だった。そして91年には河出書房新社から『蜃気楼』を出版する。新人作家としては恵まれたデビューだった。

元少年Aが熱いオマージュ

 それがヒットしていれば恐らく佐川さんは「異端の作家」として認められていたと思う。でも残念なことに、『サンテ』は売れなかった。『創』とのつきあいはその後も続き、佐川さんはいろいろなテーマで原稿を書いては編集部に持ち込んできた。

 今でも覚えているが、佐川さんの父親に誘われて3人で新宿の中華料理店で食事をしたことがあった。その席で、父親は私に「息子を頼みます」と頭を下げた。息子の事件で大企業の社長を辞任し、脳梗塞を患った父親だったが、息子の将来を気にかけていたのだった。

 佐川さんは一時期、私だけでなく、森達也さんや鈴木邦男さんらとも親しくなっていた。しかし、なかなかうまく行かなかった。佐川さんは次第に、仕事もないので生きていくためには仕方ないと語り、周囲が心を痛めるような事例が続くようになった。

 例えば、殺害した女性の遺体の写真を掲載した本を出版したことがあった。恐らく鑑識写真なのだろう、掲載されていた女性の遺体は一部が切り取られていた。女性が殺害された上に人格を全否定されているようで、正視に堪えなかった。それを載せた本は、発売直後に書店が販売を中止したと記憶している。

 また自分が性的関係を持った外国人女性を実名・顔写真入りで載せた本を出版して回収を求められる騒動になったこともあった。その頃の佐川さんはただ痛々しい感じがして、次第に関係は疎遠になっていった。

 その後、佐川さんが脳梗塞で倒れたという話は風の便りに聞いていたが、それ以降の消息は知らなかった。そして今回、映画をきっかけに、弟の純さんから近況を詳しく聞くことができた。

 実は4年ほど前に佐川さんがクローズアップされたことがあった。2015年に神戸児童殺傷事件の元少年Aが『絶歌』を出版して騒動になった時に、彼が立ちあげたホームページで、佐川さんについて語っていた。元少年Aにしてみれば、犯罪を犯しながら市民社会で生きていくという自分のあり方を佐川さんに重ね合わせたらしい。ホームページでこんなふうに書いていた。

《『佐川一政』という稀代の殺人作家の存在は、いつも僕の心の片隅にあった。正直に言えば、彼に”嫉妬”や”羨望”を抱いていた時期もあった。

 同じ殺人者でありながら、彼はまったく反省することなく、開き直って自身の犯罪をネタに金を儲け、周囲からちやほやされ、もてはやされ、罪を咎められることもなく、何ら苦悩することもなく、気楽に自分の好きな事だけをやって生きている人のように見えた(実際はそんなことはないだろうと思う)。それに比べ、自分の置かれている惨めな環境、名前を失い、自らを語る声を失い、生きているのか死んでいるのかもわからない毎日が、歯痒くてならなかった。

 憧憬の念が裏返り、佐川氏を激しく憎んだこともあった。あんただって人殺しのくせに、どうして堂々と表にでられる? なぜ誰も彼を止められないんだ?》

《彼のことを”世界一恵まれた殺人者”だと思ったりもした。

 でも、それは間違いだった。

 僕は何もわかっていなかった。

 彼の哀切をきちんと想像することができていなかった》

《佐川氏には、自身の犯した犯罪を自慢げに吹聴したり、やや開き直ったような言動が目立つ。でもそれは、世の中が彼にそうするように焚きつけた側面もあったのではないかと思う。もちろん、周囲がどう反応しようと、最終的にどう生きるかは本人次第であるし、責任転嫁できることではない。ただ、佐川氏自身が、『事件以外に自分には何もない』と諦めてしまったのは、哀しいことであると思う》

 佐川さんへの熱いオマージュだった。佐川さんが読んだら勇気づけられることは確実だった。でも今回、純さんに話を聞いてわかったが、当時、佐川さんはそういう状態ではなかったのだった。

 以下、佐川一政さんの弟、純さんとの一問一答を掲載する。それは、今回公開される映画の背景を語ることでもあった。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  2. 2

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  3. 3

    陸上スーパー女子高生なぜ消える

    PRESIDENT Online

  4. 4

    007起用の黒人女性めぐる勘違い

    諌山裕

  5. 5

    日韓問題に米「出来る事はする」

    ロイター

  6. 6

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏は国会で討論すべき

    早川忠孝

  8. 8

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  9. 9

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 007はやはり白人男性

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。