記事

会議は踊るからこそ進む

中島岳志先生との対談で、なるほどと思ったことを一つを思い出しています。

高坂正堯先生の古典的名著
「古典外交の成熟と崩壊」。

その中で、19世紀初頭のヨーロッパの体制構築を目的としたウィーン会議が迷走する事態を「会議は踊るされど進まず」と揶揄した言葉があるが、まさに踊りや談笑で、一見無駄な時間を過ごしている様な機会を積み重ねることで、欧州各国が互いに信頼醸成をし、「ヨーロッパ」という共同体意識の基礎を構築することができた、と。

大阪開催のG20は、我が国が初めて議長国を務めています。

今回は、安保、5G、デジタル経済、米中、暗号資産、サイバーセキュリティー、保護主義、ポピュリズムと無限の課題があり、世界の方向性を決する2国間会談も積み重ねられていますが、難航するであろうバイ会談の着地点、方向性を見出す為の、大局的な大枠の合意点や雰囲気を醸成することもG20の重要な使命であるはずです。

報道等では問題点の指摘ばかりが目立ちますが、歴史的視座で、鳥観的な視点から、次につながる成果は何かという観点も重要であると考えます。

「よきことはカタツムリの速度で進む」(ガンジー)

あわせて読みたい

「G20」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。