記事

カナダ首相、中国の習近平氏と「前向きな」会話 大阪G20で


[オタワ 28日 ロイター] - カナダ首相府は、トルドー首相が28日、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の合間に中国の習近平国家主席と「前向きで建設的なやり取り」をしたと明らかにした。

カナダと中国の関係は、昨年12月にカナダ当局が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)を米国の要請を受けて逮捕したことを受けて悪化。それ以降で両国首脳が接触するのは初めて。

カナダ首相府の高官によると、トルドー首相がサミット中に習主席に何回か声をかけた。「今後、必要に応じてさらに話をする機会があるだろう」という。

サミットの映像では、トルドー首相と習主席が通訳を介して短時間話し、握手する姿が映っている。

あわせて読みたい

「G20」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  4. 4

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。