記事

韓国「教科書無断修正で官僚逮捕」 “司法の反乱”の可能性

文在寅政権に対する司法界の反旗か(AFP=時事)

「韓国司法界の反乱」を指摘するジャーナリストの前川惠司氏

 今年度から使われている韓国の小学校6年生用教科書から、韓国人にとっては誇りであるはずの経済成長「漢江の奇跡」に関する記述が消えたという“異変”が話題になった。保守政権時代の功績を見直す作業の一環と見られているが、実は、昨年度に使われた小6教科書でも、制作の過程で異常事態が起きていたことが判明した。

【写真】事件の背景を分析したジャーナリストの前川惠司氏

 朝鮮日報日本語版の記事「韓国教育部、教科書執筆者に無断で内容を大幅に修正」(6月25日付)によると、2017年9月から翌年2月にかけて行なわれた教科書の修正作業において、韓国教育部(省に相当)の教科書政策課の課長と教育研究士が、小学校教科書の執筆責任者に無断で教科書の記述を書き換え、隠蔽していたことが発覚し、「職権乱用権利行使妨害・私文書偽造教唆」などの容疑で起訴されたという。記事にはこうある。

〈執筆責任者のパク・ヨンジョ晋州教育大学教授は「政権が変わるたびに教科書を修正するようなことはできない」と拒否した。このため、A課長は同教授を作業から排除するよう実務者らに指示し、代わりにF教授が修正を担当するよう措置を取った〉

 そして、この修正が政府の指示によるものではないように装うため、教科書の編纂機関側から修正要求が出て、責任者のパク教授がその協議に参加していたかのように「協議録」を偽造し、パク教授の印鑑まで無断で捺していた。

〈A課長とB研究士は検察で、「『文在寅政権の見解に合わせて教科書が修正された』と批判されるのではという懸念があり、『出版社が判断して修正する』形を取った」と語ったという〉

 では、どのように修正されたのか。この問題を報じた朝鮮日報日本語版の別の記事「無断修正:小学生向け教科書に『慰安婦』の名称、『妊娠した慰安婦』写真を追加」(6月25日付)によると、1948年8月15日の「大韓民国樹立」を「大韓民国政府樹立」に変更したり(国家ではなく政府ができただけと、李承晩の業績を矮小化した)、「北朝鮮は依然として韓半島(朝鮮半島)の平和と安保を脅かしている」という一文を削除したり、それまで使われていなかった「従軍慰安婦」という言葉を採用し、妊娠した慰安婦の写真を載せたりするなど、修正は213か所にも及んだという。

「反日」と「過去の保守派政権の否定」「北朝鮮への配慮」という文政権の3つの方針に沿った修正と言える。この教科書は昨年度、全国6064校の小学校で使われた。

 元朝日新聞の韓国特派員記者で、ジャーナリストの前川惠司氏はこういう。

「韓国では、政権が変わるたびに教科書の記述もころころ変わるので、時の政権が圧力をかけているというのは十分予想できたこと。それ自体は驚くに値しません。

 それよりも、この朝鮮日報の記事には、司法の現場で何が起きているかが浮き彫りになっていて、むしろそこに注目すべきです」

 確かに、“政権の意向を受けて不正を働いた”韓国教育部の官僚が検察に起訴されたという事件の構図には、違和感を覚える。徴用工判決でも明らかなように、韓国では行政はもちろん司法も政権に忖度してきた経緯があるからだ。

「朝鮮日報は保守派の新聞で、文在寅政権に非常に批判的であり、この記事は同紙のスクープです。つまり、検察は課長と研究士を起訴したうえで朝鮮日報にリークしたのでしょう。

 この記事の最後には、上層部の指示・関与については調査せずに捜査を終結したとし、野党議員の〈上層部の関与の有無を調査しなければならない〉というコメントを載せています。韓国教育部の上層部まで捜査の幅を広げると、政権サイドにバレてつぶされるから、捜査を末端の官僚に留め、騒ぎを大きくしたうえで、上層部の関与についての調査は国会に持ち込もうとしているのです。

 現場の検察官が政権に忖度することなく独自の判断で捜査・起訴を進めたわけで、これは検察の文政権に対する反乱と呼んでもいいでしょう」(前川氏)

 元新聞記者の視点でこの記事を読み解くと、そんな背景が浮かび上がってくるのだ。しかし、韓国の司法はなぜ文政権に反旗を翻そうとしているのか。

「朴槿恵政権時代に元徴用工裁判の進捗を意図的に遅らせたとして大法院(最高裁)判事が逮捕・起訴されましたが、文在寅はその後釜として、春川(チュンチョン)という小さな地裁の所長をいきなり大法院長(最高裁長官)に大抜擢している。この人は文大統領の友人で、左派の活動家だった。最高検総長には、お気に入りのソウル中央地検所長を最近三段跳びでいきなり大抜擢している。

 韓国の司法組織は、かつての日本の中央官庁と同じで、誰かが出世するとその同期や上の人たちは退職するのが慣例で、こんな“左派お友達人事”のせいで相当たくさんの人が退職に追い込まれる。大法院判事を逮捕したというのも尋常ではなく、韓国司法界の保守派の間には大統領に対する不満が鬱積しています。

 文在寅政権は今、学生運動出身の左派で元ソウル大教授のチョ・グク大統領民情首席秘書官を法務部部長(法務相)に起用する人事を進めていて、これが実現すると、法務省、裁判所、検察庁のトップがすべて左派でしめられることになります。だから、司法界の穏健保守派ラインが示し合わせて、教科書無断修正事件を利用し、この人事を阻止しようと考えたとしても不思議ではありません」(前川氏)

 文在寅大統領の“独裁”体制に、司法界から亀裂が入り始めているのかもしれない。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。