記事

ハンセン病家族訴訟の熊本地裁判決について

本日、熊本地裁は、ハンセン病の元患者の家族が深刻な差別を受けたとして賠償を求めた訴訟で、国に賠償を命じる判決を言い渡しました。

元患者の家族の皆様は、強制収容された患者と引き離されただけでなく、厳しい差別にさらされ、地域や親族等とのつながりを絶たれたり、就職や結婚などの選択肢が狭められるなど、筆舌に尽くし難い人生を歩んでこられました。いまだに公の場で名前を名乗ることができない家族の方々もいらっしゃいます。

その原因は、国が行ったハンセン病患者の強制隔離政策であり、国に責任があることは明らかです。本判決は、家族が受けた被害に対する国の責任を認める画期的なものであり評価したいと思います。

国民民主党は、国に対して、控訴を断念し速やかに賠償に応じることを強く求めます。さらに、国は家族に謝罪するとともに、家族の名誉を回復するための取り組みを行うべきです。

国民民主党は、ハンセン病家族訴訟の原告団の取り組みを後押しするため、「ハンセン病問題に関するプロジェクトチーム」を設置しましたが、今後も、ハンセン病の元患者やその家族に寄り添い、差別の解消や元患者に対する支援体制の確立等に取り組んで参ります。

あわせて読みたい

「ハンセン病」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。