記事

経産省の審議会では老後の資金不足2900万円

公的年金だけでは足りないので、老後に2000万円の貯金が必要とした金融審議会の報告書は麻生大臣によって「受取拒否」となりました。

その一方で、経済産業省の審議会においても、この春、全く同じ総務省の家計調査をベースに、今度は老後に2900万円が必要とする資料が報告されていたことが明らかになりました。

これをもって明らかなのは、公的年金だけでは足りないから、老後に大きな貯蓄が必要となるということは、政府内ではかなり共通の認識にあったということ。

麻生大臣は金融審議会の報告書を「政府のスタンスとは異なる」という理由で突然受取拒否しましたが、このような麻生氏の態度こそ、これまでの政府のスタンスとは異なるのではないでしょうか。

問題の経産省の審議会の資料は以下のURLの24ページをご覧下さい。

https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/2050_keizai/pdf/005_03_00.pdf

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。