記事

アナタは銀行を賢くお得に使ってますか?~ 失敗しない銀行選びのポイント~

1/3
AKB48 仲俣汐里 (撮影:大谷広太)
AKB48 仲俣汐里 (撮影:大谷広太) 写真一覧
わかっているようでわかっていない経済の問題を経済アナリストの森永卓郎さんが、わかりやすく私たちの身近な話題に置き換えて伝える番組、森永卓郎のBLOGOS経済塾。

新社会人のみなさんが4月にもらった初任給。全部使っちゃいましたか?それとも貯金しましたか?はい!貯金したというそこのアナタ!大事なお給料を振り込む銀行、自分できちんと選びましたか?会社に勧められてそのまま口座を作っていませんか?

もしかすると一生のお付き合いになるかもしれないからこそ、自分にあったところをきちんと選びたいものですが・・・銀行ってどこも同じように見えてムズカシイ!

そこで今回の「森永卓郎BLOGOS経済塾」では、経済アナリストの森永さんに、“失敗しない銀行選びのポイント”を聞いちゃいました!すでに自分の口座を持っているというアナタも、その銀行が自分にあっているのか!?再確認するチャンスですよ!

知恵を使えば、振込手数料もタダに!

小口:銀行口座の持ち方。1つしか持っていない人もいれば、1人でいくつも持っている人もいます。ちなみになかまったーは?

仲俣:1つです。

小口:森永さん、これってどっちのほうが賢いんでしょうか?

森永:一般的にいうと、1000万円までは預金保険で保護されるのですが、預金残高が1000万円に届いていなくても、私は2個に分けたほうがいいとオススメしています。なぜかというとですね、今の預金保険制度ができてから、本格的に大きな銀行が破たんしたことはないんですけれど。仮に破たんした場合、誰がどのぐらいの預金を持っているのか、名寄せをしていかなくてはいけないので口座が封鎖されるんですよ。この前、破たんした日本振興銀行は、小さな銀行だったので、口座が回復するまでそんなに時間がかからなかったんですが、大きな銀行が破たんすると、最大で1週間ぐらいかかるんじゃないかって言っている人もいるんですね。

小口:取り付け騒ぎ・・・でしたっけ?みんなが殺到しちゃって。

森永:殺到する前に、バタっと口座を止めるんですけど。ただそのあと1週間は動けない可能性があるんですね。その1週間で、お金を払う用事がでてきたら困るので、銀行口座は2つに分けておいたほうがいいんです。どういう風に分けるかっていうと、基本は給料の振込や電気料金の支払いをするといった普段使いの口座が1つ。もう1つは、資金を運用する銀行。この2つを持っておくといいんじゃないかなって思います。

小口:そのあたりについては、このあとゆっくり聞いていきたいと思いますけれども。その前に、今日は銀行について勉強していきたいと思います。そこでなかまったーに質問!銀行っていうのは、何をして利益をあげていると思いますか?

仲俣:銀行・・・手数料とか?あとは、会社とかにお金を貸して、その時にもらえる利息?

森永:さすが政治経済学部は違いますね!正解です!すごく大雑把にいうと、銀行の稼ぎの半分は貸す時の金利と預金で預かった時の金利の利ザヤです。

小口:貸す時のほうが金利が高いですよね。

森永:それもすごくざっくりいうと、預かった金利に1.5%ぐらい足して貸すっていうのが、平均的な姿です。これでお金の半分を稼いで、残りの半分はなにをしているかというと、さっきでてきた手数料。例えば、為替の手数料、振込の手数料,ATMの手数料。いっぱいとられていますよね。それから銀行は、自らのリスクで、株を買ったり、有価証券を買ったり、色々な会社に出資をして投資をしたりしています。これも銀行の稼ぎの1つですね。

小口:ATMでお金を引き出す時、手数料として105円取られることありますよね。「まぁいっか!105円ぐらいなら」って軽く考えてしまう節もあるんですが・・・。

仲俣:でも、できるだけ休日を避けて(手数料のかからない)平日に下ろすようにしますよね。

小口:あれも積もり積もれば結構な額になるんですよね?

森永:そうなんです。ただ、そこは工夫しだいなんですよ。私はネットオークションのヘビーユーザーなんで、ものすごい額を振り込んでいるんですよ。月間の振込件数って、たぶん50件はあると思うんですけど、振込手数料は多分1円も払っていません。

仲俣:どうしてですか?

森永:それは、振込手数料を払わないで済む方法っていうのがあるからなんですね。例えば、ゆうちょ銀行は、ネットで振り込むと月5回までは無料です。郵便局にカードを持っていって振り込めば、ゆうちょ銀行間だけですけれども、無料になるんですね。その他に、預金残高に応じて一定回数まで振込手数料が無料になる銀行があります。例えば、新生銀行とか、新銀行東京とかですね。それからちょっとお金がないとできないんですけど、1000万円貯めれば、三菱UFJ信託銀行ってところのお金持ちクラブを利用できるんですよ。

小口:待って待って!信託銀行っていうのが、そもそも普通の銀行と何が違うんだって思いません?

森永:信託銀行っていうのは、お金持ちが資産をポンと預けて運用を任せたり、不動産取引といった資産の信託ができるところなんですけど。そこでちょっと金持ち向けのクラブに入ると、他行宛ての振り込みが月20回まで無料になります。

小口:それは、家がお金持ちじゃなくても信託銀行に口座を開設できるんですか?

森永:はい。ただそれに入るためには、1000万円が必要です。あとですね、自行同士だったら無料になるのが、楽天銀行(旧Eバンク銀行)、新生銀行。だからそういうのを全部知っていてうまく組み合わせて振り込んでいくと、振込手数料を回避することができます。

小口:森永さんだと50回振り込むわけですから、1つ300円だとしても結構な額になりますよね。

森永:これは自分の預けている銀行のホームページに行くと、振込がタダになるのは難しくても。時間外手数料は意外と簡単に無料にできるんですよ。それは色々条件があるんです。例えば、その銀行が出しているクレジットカードに入るとか。それがポイント制になっていて“何点以上になると時間外手数料が無料ですよ”っていう約束が銀行ごとに決まっているので、それを見て、うまく工夫すると、時間外手数料を払わなくて済みます。

例えばですね、お昼休みに銀行に行くとダーっと並んでいる時がありますよね。コンビニの引き出し手数料も無料になるケースがあるんですよ。だから、その権利をとっておけば、銀行に列ができていても、コンビニで引き出しちゃえば、時間がかからないんですよ。だからそこはね“知恵”なんですよ。よく調べて、どうしたら手数料がタダにできるかっていうのをやれば、負担はないんですけど、世の中のほとんどの人はそういうセコイ技を積み重ねないので、結局ちょっとずつ貧乏になってっちゃうんです。

仲俣:すごいですよね。こういう細かいところからコツコツ貯めてらっしゃるんですね。

小口:それでこのお父さん、預金残高がすごいからねー。セコロジーでしたっけ?

森永:そうそうそう。ローソンの“PONTA”っていうポイントカードがあるんですけど、今月から今まで貯まらなかった「ローソン100」っていう100円均一の店舗でも200円で1ポイント貯まるようになったんですよ。・・・これ、最新情報です!

仲俣:すごーい!最新情報ですよねー!

小口:慣れてきたねえ(笑)

森永:そういう細かいことを積み重ねないと、お金は貯まらない!

あわせて読みたい

「森永卓郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  6. 6

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    マスコミ競争社会 品格保てるか

    ヒロ

  8. 8

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  9. 9

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  10. 10

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。