記事

中国の消費者、半数以上が米国製品の購入を手控え=調査


[上海 26日 ロイター] - 中国国内の消費者の半数以上は、激化する米国との貿易戦争で自国を支援するために米国製品の購入を控えている。ロンドンのコンサルティング会社ブランズウィックの調査で明らかになった。

調査は1000人の中国国内の消費者を対象に実施。56%が米国製品を購入しないようにしていると回答した。また、68%は米企業に対して以前よりもマイナスの見方を持つようになったと答えた。

ブランズウィックは、米企業にとり大きなリスクになると指摘した。

また、米国の消費者1000人を対象にした調査も実施。それによると、米国人の中国企業へのイメージは悪化しており、60%は関税引き上げ以降、家庭用品の値上がりを実感していると答えた。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。