記事

中国の消費者、半数以上が米国製品の購入を手控え=調査


[上海 26日 ロイター] - 中国国内の消費者の半数以上は、激化する米国との貿易戦争で自国を支援するために米国製品の購入を控えている。ロンドンのコンサルティング会社ブランズウィックの調査で明らかになった。

調査は1000人の中国国内の消費者を対象に実施。56%が米国製品を購入しないようにしていると回答した。また、68%は米企業に対して以前よりもマイナスの見方を持つようになったと答えた。

ブランズウィックは、米企業にとり大きなリスクになると指摘した。

また、米国の消費者1000人を対象にした調査も実施。それによると、米国人の中国企業へのイメージは悪化しており、60%は関税引き上げ以降、家庭用品の値上がりを実感していると答えた。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。