記事

トランプ米大統領、中国との通商合意は「可能」 物別れなら追加関税


[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領は26日、今週予定する中国の習近平国家主席との会談で通商合意を得ることは「可能だ」と言明した。同時に、物別れに終われば、中国製品に追加関税を発動する考えを示した。

トランプ大統領はFOXビジネスネットワークとのインタビューで、大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて開かれる米中首脳会談で妥結することは「間違いなく可能だ」と語った。

同時に「合意に達することは可能だが、現状にも満足している」とした。さらに、中国指導部は「合意を望んでおり、私以上に合意にこぎ着けることを望んでいる」と語った。

また、「合意できないのであれば大幅な追加関税を課す」とも表明。追加関税を発動する場合、関税率は25%でなく10%になる可能性があると述べた。同時に可能性は残されているとも強調した。

さらに中国との通商合意が実現できなければ、同国との取引を縮小する計画だとした。企業の生産拠点を中国からベトナムに移転する点については、ベトナムと通商問題を協議しているが、ベトナムの対応は中国より悪いと指摘した。

トランプ大統領はまた、習首席との会談の際に、医療用麻薬オピオイドのフェンタニルを巡る問題を議題に取り上げると述べた。

米中首脳会談に先立ち、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン米財務長官は中国の劉鶴副首相と会談する予定。また、ロス商務長官も直前になりトランプ氏の要請で交渉団に参加することになった。ロス氏の講演が予定されていたワシントンでのイベントで米高官が明らかにした。

また、関係筋によると、これまで中国側の代表団に参加していなかった一部の当局者は、日本のビザを申請している。これは、今回の米中首脳会談で進展が期待できることを示している、と関係筋は指摘した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  4. 4

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  5. 5

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  6. 6

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  7. 7

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  9. 9

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  10. 10

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。