記事

中学教員の仕事時間 世界で最長

経済協力開発機構(OECD)が、昨年実施した第3回国際教員指導環境調査の集計結果が公表され、日本の中学校教員の仕事時間は1週間当たり56.0時間で、2013年の前回調査を2.1時間上回り、2回連続で世界最長になりました。

参加48ヶ国・地域の平均は週38.3時間で、日本は部活動の指導や事務業務の長さが目立った、と報じられています。

文部科学省は、今年1月、公立校教員の残業の上限を「月45時間、年360時間」とする指針を策定しました。

部活動のあり方の見直しなどの総合的な働き方改革を推進していますが、世界と比べて、突出している実態が、改めてわかりました。

教員の仕事時間は、小中学校ともに世界最長で、唯一50時間台でした。
部活動を含む加害活動の指導は7.5時間(平均1.9時間)、書類作成などの事務業務は5.6時間(平均2.7時間)で、ともに世界最長ということです。

一方、教員の能力を高めるための「職能開発活動」は、最短の0.6時間(平均2.0時間)で、文部科学省が目指す「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業を実施している教員も他国より少なく、「勤務状況」と「授業内容」」ともに課題があります。

調査結果からは、新学習指導要領が目指す上記の「深い学び」につながる「批判的に考える必要がある課題を与える」といった指導を「いつも」もしくは「しばしば」していると答えた教員は12.6%(平均61.0%)で最低となっています。「明らかな解決法が存在しない課題を提示する」も16.1%(平均37.5)にとどまっています。

こうした実態が明らかになったのですから、本気で教員の働き方改革を、部活動の指導者を外部から導入する、事務の業務を補佐するスタッフを設ける等、これまでも指摘されてきた解決策に取り組む必要があると思います。

資源のない日本では、人が宝、といわれながら、現状の教育の現場が抱える課題が深刻なことを受け止め、一歩ずつ確実に改革していってもらいたいものです。

あわせて読みたい

「教員」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  3. 3

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  4. 4

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  5. 5

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  8. 8

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。