記事

動物虐待を見かけた時に取るべき行動、ただしSNS投稿は危険

1/2
飼えなくなったからと遺棄する、充分な食事を与えない、不摂生な環境下で飼育する、病院に連れて行かないなども動物虐待となる。これらが発覚した場合、飼い主に100万円以下の罰金が科される(Ph:Getty Images)

多頭飼育に起因する虐待の恐れがある事態は、勧告・命令の対象になっている(動物愛護法25条3項)。この命令に違反した者は50万円以下の罰金(動物愛護法46条の2)となる(Ph:Getty Images)

 警察庁によると、2018年に動物を虐待したとして動物愛護法違反の疑いで検挙された件数は84件と、過去最多を記録。そのうち51件は猫に関する事件でした。ここでは、虐待の現場を目撃したらすべきことを解説。あなたの一報で救われる命があるかもしれない。

 今年2月、猫2匹を虐待したとして福岡県に住む男が動物愛護管理法(通称・動物愛護法)違反の疑いで逮捕された。この男は、野良猫のしっぽをつかんで水路に投げ込んでいる様子を撮影し、動画サイトに投稿していた。その投稿を見た人からの通報により事件が発覚し、逮捕となった。

「動物をみだりに傷つけた者には、動物愛護法で、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科されます(動物の愛護及び管理に関する法律44条1項)」と、ペットに関する事件やトラブルに詳しい弁護士の杉村亜紀子さんは言う。

 ペットブームの一方で、後を絶たない動物虐待に対して、国も対策に動いている。今月12日の参院本会議で可決、成立した改正動物愛護法には、ペットの遺棄や虐待防止として飼い主の名前や連絡先などを登録した「マイクロチップ装着の義務化」や、ペットを殺傷した際の法定刑を、現行の2倍以上となる「5年以下の懲役または500万円以下の罰金へ引き上げる」などが盛り込まれた。

あわせて読みたい

「動物虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    コロナ重症化と喫煙 関係に注目

    水島宏明

  3. 3

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  4. 4

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  5. 5

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  6. 6

    疲弊する公務員 報酬増で応えよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  8. 8

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  9. 9

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  10. 10

    2021年五輪開催は政権の末期症状

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。