記事

遙かなる未来を語ること――『予測がつくる社会』 - 福島真人 / 文化人類学・科学技術社会学

1/2

第三千年紀

『2000年から3000年――31世紀からふり返る未来の歴史』は、英国のSF作家とサイエンス・ライターによって書かれた未来史の本である(以下『第三千年紀』、B.ステイブルフォードとD.ラングフォード、中山茂監訳、パーソナルメディア、1987年)。その内容は、タイトルにあるように、31世紀「現在」から、過去千年の科学技術社会史を回想したものである。

原著出版は1985年だが、その未来史は興味深い。国際政治では、オーストラリアが海洋大国になる一方、ブラジルとアルゼンチンが核戦争になり、最終的にブラジルが国連の管理下に入ることになってしまう(先日のテレビインタビューで、歴史人口学者のエマニュエル・トッドが、ブラジルは国家としては実質的に破綻していると発言していた)。他方、ソ連は31世紀まで生き長らえるが(実際のソ連崩壊は1991年)、中国の発展はそれほど強調されていない。日本は、23世紀に打ち続く大地震の連鎖により、領土のかなりが水没し、人口の多数がディアスポラ化するという(小松左京『日本沈没』の出版は1973年、ハリウッド映画版は1975年だから、その影響があるのかもしれない)。

だが国際政治についての歴史記述に加え、なんといっても『第三千年紀』でより印象に残るのは、科学技術の進歩と、それに伴う社会の変容である。たとえば23世紀に人体凍結技術が流行するが、停電による凍結中断や技術の未成熟で、結局失敗に終わる。他方、24世紀に開発が始まった核酸再生の技術で、寿命を飛躍的に延ばすことが可能になり、それは31世紀の今にも大きな影響を与えている、等々。

過去と未来

この「歴史記述」は結構リアルであるが、何か妙な印象ものこる。普通われわれが過去を回想する場合、自分がいる時点に近い過去の記述は詳細になり、遠い過去のそれはまばらになる。歴史年表では、現代史は月、日単位で事件の記述があるが、石器時代の歴史記述は万年単位である。歴史を実態視したサルトルに対して、レヴィ=ストロースが『野生の思考』の終章で「歴史記述は記号の体系」だと論争を吹っ掛けたのはこの事実による。その点からいうと、『第三千年紀』は31世紀からではなく、実際の執筆時を中心に歴史が記述されているという印象が拭えないのである。

実際第三千年紀が近づくにつれ、歴史記述は間延びし、個別の事件はより悠久の歴史的潮流にとって代わられる。もちろん、「文学作品」としてみると、その読後感は悪くない。31世紀に近づくにつれ、李白、杜甫といった漢詩の名作でも読んでいるような、茫洋たる感覚に襲われるからである。しかしそれは第三千年紀から歴史を展望したという設定とは食い違ってしまう。

予測がつくる社会

この『第三千年紀』の語り方、つまり本が刊行された1985年以前に予測したものを、ひとつの歴史的な事実として語ることというスタイルには、より深い含意がある。これが近年の科学技術社会学のテーマと密接に関わるからである。

予測がつくる社会――「科学の言葉」の使われかた』(山口富子・福島真人編、東京大学出版会、2019年)というわれわれの論集の基本的な前提は、新しい科学やテクノロジーの成長には、未来を語る多様な予測の言説の働きが欠かせない、という点である。こうした期待の言説を含めて、未来についての語りは、人口、経済、技術動向等、社会のあらゆるところに繁茂している。

昨今AIの能力が人間のそれを超えるのは2045年ごろという「予測」が世間を賑わせているが、その学問的根拠についてはそれほど詳細には論じられていない。こうした予測の言説が広まるにつれ、社会のさまざまな部分がそれに反応して動きはじめ、結果としてその動きそのものが最初の予測そのものの実現に(部分的にせよ)加担する、それがこうした予測の力のひとつである。

こうした予測言説の中で、特に科学社会学で熱心に研究されているテーマのひとつに、「期待」の働きがある。期待とは、新たなプロジェクトが作り出す未来についての肯定的な見取り図である。期待は、「この技術によってこんなことが可能になる」という夢の言葉によって関係者を刺激し、その結果多くの人が共感すれば、期待は膨れあがり、プロジェクトの推進力になる。他方、現実は期待を下回ることが多いので、期待はすぼみ、「失望」に取って代わる。この複雑なメカニズムが科学技術の未来に大きな影響を与えるのである。

予測や期待が示す、複雑な働きを比較研究する立場からみると、『第三千年紀』はまさに絶好の事例である。「監訳者あとがき」にもあるように、この「歴史記述」は、技術予測でよく使われるデルファイ法といった方法と、SF的空想を組み合わせたものらしい。それゆえ、特に科学技術の歴史記述は非常にリアルに感じさせる一方、前述したソ連邦のケースのように、すでに現実の歴史との乖離があきらかな例も少なくない。前提である「第三千年紀からの回顧」という前提そのものが、ある意味予測言説の決定論的な雰囲気を示唆しているが、予測言説が現実の歴史から逸脱していく様子も同時に観察できるのが興味深いのである。

建築というメタファー

『第三千年紀』のトピックの中で最も印象的だったのは、新たな建築様式の誕生である。21世紀後半に、アメリカ人のレオン・ガンツが、バイオテクノロジーを 応⽤して考案した接着剤の技術は、コンクリートの代わりに、さまざまな有機物の使用を可能にした。これがガンツの「セメンテーション工法」、あるいは略して「ガンツ工法」とよばれる革命的な工法である。この技術を使うと、窓や戸の部分以外は土と草木に覆われたような、土塁か古墳のような建物をつくることが可能になる。

「ガンツ工法」(The Third Millennium, 1985, Knopfより)

柄谷行人の『隠喩としての建築』を引くまでもなく、建築に関わる多くの西洋語、たとえば「ストラクチャー」「コンストラクション」、あるいは「アーキテクチャー」といった用語には、多くの哲学的含意がある。ハイエクの有名な社会主義批判(『理性による反革命』)のように、未来を合理的に「設計」するといった観念を強く論難する主張もそうした含意と関係している。建築に関する思考は、潜在的に、論理や社会についてのメタフォリカル(隠喩的)な思考でもある。

建築業界の文脈では、近年〈建築と自然〉といったテーマがしばしば取り上げられるが、この「ガンツ工法」こそ、空想の産物とはいえ、まさにそうした未来の建築技法なのではないか。『予測がつくる社会』では、建築にかかわる事例は取り扱わなかったが、建築という技術が持つ隠喩としての働きには常に関心があったのである。

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    推定死者1万6千 緊張続くNYの今

    堂本かおる

  8. 8

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  9. 9

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。