記事

アヌシー国際アニメーション映画祭について書きました

 リアルサウンド映画部にアヌシー国際アニメーション映画祭について書きました。

 世界最大級のアニメの祭典「アヌシー映画祭」、業界への影響力は? 日本アニメの評価を振り返る|Real Sound|リアルサウンド 映画部

 今年のアヌシーの傾向とかではなく、「そもそもアヌシーの映画祭ってなんなん?」ということについて書いています。基本的な解説みたいな内容です。昔の話から最近の傾向まで拾っています。

 高畑勲監督のエピソードが面白かったんで盛り込んでみました。高畑監督らしいエピソードだなと思います。

 今年の長編最高賞を獲得した作品「I LOST MY BODY」はネットフリックスが権利を買ったようなので、そのうち日本でも観られるようになるでしょう。

 ここで上映された作品が、世界のアニメーションの全てではないですが、大きな流れの一つではあります。日本のアニメーション業界にとって、アヌシーが今後存在感が一層大きくなるはずです。そして、日本の作品はテーマや題材的にもかなり奇妙な立ち位置にいるというのがアヌシーの結果から見えてくると思います。「ディリリとパリの時間旅行」や「カブールのツバメ」のような作品が、日本アニメからも出てきてこそ、成熟した業界だろうと思います。娯楽作品も当然、並行してたくさん作られていることが前提ですが。

 アニメーションも実写映画同様、社会に向けて何かを言うためのツールとしての地位を獲得しています。いろんな作品があっていいのですが、実写作品なら「万引き家族」のような作品もゆるふわな青春映画もあるように、もっと日本アニメに幅を出てほしい。アヌシーは日本アニメに対してそういう影響を今後与えていくかもしれません。

ジェネオン エンタテインメント (2006-07-21)
売り上げランキング: 61,480

あわせて読みたい

「映画祭」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    都知事選 主要候補の政策まとめ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。