記事

まずは他責思考を捨てるところからはじめろ


本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと108円ですが年間のマガジンだと3980円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

 1 インタビューや取材記事に最適なカメラとは?
 2 創業メンバーと決別した後の身の振り方について
 3 Amazonで詐欺ショップに騙されないために
 4 地方のニュースレター作成代行に需要はある?
 5 これからのオンラインゲーム業界の展望
 6 宿泊施設向けサポート事業の可能性

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

先日の年金問題から働き方についていろいろ書いていますが、Twitterで回ってきたアリババの創業者のジャック・マーが良いこと言ってました。ジャック・マーは引退して中国共産党の手下になったみたいなので嫌いです。この動画、高額自己啓発セミナーやマルチの勧誘によく使われてるようです。www

貧乏マインドの人に尽くすのは最悪だ

何かを無料プレゼントと聞くと、それは罠だ
だからポイントバックの電子決済使わない。実際は面倒くさいだけ

少額投資で大丈夫と聞くと、それじゃあ、大して儲からない
だから積み立てNISAもしない

多額の投資が必要といえば、そんなお金はない
それはそうだが興味もない

新しいことに挑戦しようと提案すれば、経験がないから無理
これ、いういう

伝統的なビジネスだよといえば、じゃあ成功しない
その前にやる気が無いから

新しいビジネスモデル」だといえば、MLM(マルチ商法)決まってる
それは確かにある。ww

お店を経営してみたら?」というと、自由がなくなる
単に怠けもの

起業してみたら?というと、プロじゃないから無理
なんの取り柄もないわけね

で、わたしはこれに

完全なる他責思考

というのを付け加えたいと思います。貧乏マインドの人はかならずほとんどを他人や環境のせいにする「他責思考」の持ち主のように思います。統計データはない。

他責思考と分析は違う

しかし、すべて自責的になるのもまた優秀とは言えないです。

自分ができない理由を

◎能力が低いからできない
◎注意を怠ってるから失敗する
◎会社の指示通りしない自分が悪い

みたいに「悪いのは全部自分だ」とするのもまた、真面目なだけでイマイチ仕事のできない人の特徴です。原因を切り分けて、それが本当に自分のせいなのか、それともそもそも無理筋のことをやっているのか、その判断をしていないわけです。どう分析しても無理筋な指示を出してくるなら上司になり、会社なりが悪いのだから転職すればいいだけです。つまり仕事ができる人は

他責と自責をうまく切り分ける能力

があるわけですな。こういう記事がないかと探したら見つけたよ。東洋経済。

できる人は健全に「他者のせい」にしている「自責思考」には実は限界がある

この中にも書いてありますが、もっと簡単に言うと、できる人は「代用の提案」を考えると思う。とっさの場合だと「機転」というが、「AがダメならBを代わりにどうだ」ということができれば無理筋のことをガシガシ時間とコストをかけてやらなくて済む。すべて自責の人は「自分が悪いからできない」というだけで「これはできませんが、かわりにこれができます。結果は同じです」という提案ができない感じ。

身近な例で言うとたとえばWebサービスで「素晴らしい検索を創る」のは高い技術力とコストと時間がかかるんだけど、仮にみんなが検索するキーワードを予測して「タグ」を設定できれば同じ事になる。意味わかる?

しかし、「お金を稼ぐ」系のtweetをすると、果てしない数のクソリプが貧乏人から付くんだけど、その多くが「完全なる他責思考」なのです。

自分の給料が安いのもすべて安倍が悪い
※いるいる www

自分が貧乏なのは親が貧乏なせい
※親が貧乏でも子供はそうじゃない例も多数あるんだが

自分が貧乏なのは金持ちが搾取しているからだ
※金持ちの方がお前の社会保障のためにすごい金を搾取されてるんだが

自分の収入が低いのは運が悪いからだ
※運だけで生きてる人なんていないよ

給料が安いのは会社が悪い
※とっとと転職しろ!!

仕事に身が入らないのは仕事がつまらないから
※そこしか採用してくれないのを棚に上げるな

と、自分が頑張らないことを棚に上げ、全部他者や環境のせいにする。これが一番仕事のできないダメ人間の典型です。同じようなのが集まって不平ばかり言ってるのが特徴。Twitterでもクソリプ飛ばしてくる典型です。

しかし、若いときは自分も他責的になりがちだった。反抗期なんてまさにそんな感じでしょ。そのほうが楽だからだ。自分も新入社員の時に上司によく「他人のせいにするな」と言われたものだが当時は「これは現状分析だ」と思ってた。まあそういう観点もあるのだが、それさえもいまなら「××がダメだからこれが進まないんだけど、どうやったら進むのか」まで考えるもんね。

自分に限らず普通は年を取るとだんだんに「ではどうしようか」と考えるようになるものだが、年食っても他責的な思考しかできない・・・・これが本当の中二病だと思うんです。まずはこの思考を変えるだけで人生はだいぶんまともになると思うんだよね。でもそういうと

自分の環境では思考は変えられないガー

勝手にしろ!

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  4. 4

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  5. 5

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  6. 6

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    ユニクロと無印良品の決定的違い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GSOMIA破棄 画策したのは中国か

    文春オンライン

  10. 10

    民主主義を取り戻せ 若者の挑戦

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。